歌の悩みがスッキリ解決!初心者でも簡単なボイストレーニング7選

ボイストレーニング

歌うとき息苦しい、高音が出ない、のどが絞まって声がガラガラになる。あなたも、このような悩みを抱えてませんか?

これらは、たくさんの人が抱える歌の悩みでしょう。以前の僕も、まったく同じ悩みを抱えてました。しかし、ボイストレーニングをすれば歌の悩みがスッキリ解決します。

ここでは、歌の悩み別にボイストレーニングメニューを紹介します。きっと役に立つはずなので、ぜひ実践してください。

ここでは、歌の悩みを7つ取り上げます。下の表は、歌の悩みとそれぞれの解決策であるボイストレーニングをまとめたものです。

歌の悩み ボイストレーニングメニュー
歌うとき息苦しさを感じる 腹式呼吸
歌詞の途中で息が切れる リップロール
声量が小さい 肺活量を鍛える
体が力んでしまう 体幹トレーニング
のどが絞まって苦しそうに歌う Laga-Yaga発声
高音が出ない 息漏れのある裏声を出す
声に響きがない 鼻歌を歌う

腹式呼吸を身につける

しげ

歌うときは、いつも息苦しいんだよね

息苦しさを感じる原因は、肺の空気が十分に送られてないからです。人は、意識しなければ胸式呼吸をします。胸式呼吸は、素早く呼吸できる反面、空気を十分に運べないという欠点があります。

腹式呼吸は、横隔膜を使う呼吸法です。胸式呼吸と比べて、十分な空気を運べる特徴があります。トレーニングすれば、歌の最中でも意識せず呼吸ができるようになります。また、リラックス効果もあるため、歌と相性抜群です。

腹式呼吸を身につけるには、3つのトレーニングをします。

Point

  1. 仰向けになって呼吸する
  2. 肺の空気を吐き切る
  3. 肺の空気を吐き切った後、7秒間息を止める

仰向けになって呼吸する

特に意識しなければ、人は胸を使う胸式呼吸をします。歌うときに、肩を上げて息継ぎする人は胸式呼吸です。ふだんから胸式呼吸の人は、はじめに腹式呼吸の感覚をつかまなければなりません。

仰向けになって呼吸をすると、勝手に腹式呼吸になります。お腹に手を当てると、呼吸に合わせて膨らんだり縮んだりすることがわかりますね。腹式呼吸では、このようにお腹が大きく動きます。

感覚をつかんだら、立ったまま腹式呼吸ができるか確認しましょう。呼吸に合わせてお腹が動いていれば合格です。

肺の空気を吐き切る

次は実戦形式の練習です。はじめに、肺の中を空にする勢いで息を吐いてください。「しーっ」と鋭く発音すると、息を吐きやすいです。

「これ以上吐けない」となっても、もう一息。手でおへその下あたりをグイっと押し込んで、わずかに残った空気を絞り出してください。これで、ようやく肺が空っぽになりました。

吐き切った後、一瞬だけ息を止めます。直後に、全身の力を抜きましょう。力を抜くと横隔膜が下がるので、お腹が膨らみます。膨らむのと同時に、勝手に呼吸していることに気がつくはずです。

腹式呼吸では、「息を吐く」という動作しかしません。肺の空気を吐き切ると自動で呼吸が始まるのです。練習をすると、息を吐いた分だけ呼吸することができます。

肺の空気を吐き切った後、7秒間息を止める

自然に呼吸ができることを実感したら、腹式呼吸を鍛えます。方法はいたって簡単。息を吐き切った後に、7秒間息を止めるだけ。あとは力を抜いて、自然と呼吸するだけです。

慣れてきたころには、腹式呼吸が身についているはず。歌うときも、腹式呼吸ができていれば完璧です。

リップロール

しげ

ひとつのフレーズを最後まで歌いきれない

歌詞の途中で歌が途切れる原因は、息の量が一定でないからです。息の量は、多すぎても少なすぎてもダメ。ひとつのフレーズを歌いきるには、息の量を調整しなければなりません。

リップロールは、息の量を最適化するボイストレーニングです。やり方が簡単なうえ、たくさんのメリットがあります。

Point

  • 唇や表情筋のリラックス
  • 音感を鍛える
  • お腹まわりの筋肉を活性化させる

口を閉じた状態で、唇をぷるぷる震わせます。息が強すぎても弱すぎても震えないので、一定に吐くよう心がけます。声は、出しても出さなくても構いません。

はじめは10秒キープすることを目安に、20秒、30秒と増やしましょう。長く続くほど、息をコントロールできています。

Tips

リップロールができない人は、手で口を横に引っ張りましょう。唇が張るので振動しやすくなります。唇の乾燥も、できない原因のひとつ。唇が乾いてきたら、水を飲んで潤してください。

肺活量を鍛える

しげ

声量が小さくて歌が聞こえない

声量を大きくするカギは、肺活量にあります。声のエネルギー源は空気です。エネルギーが十分に運び込まなければ、大きな声を出せません。

肺活量を鍛えるには、息を「ふっ・ふっ・ふっ…」と吐き続けるトレーニングが有効です。腰に手を当てながら、「ふっ」と鋭く息を吐きます。腹式呼吸ができていれば、息を吐いた直後に空気が送り込まれてきますね。

息を吐くたびに空気が運び込まれるので、いつまでも息を吐き続けることができます。はじめは30秒を目標にして、60秒、90秒と徐々に増やしましょう。

お腹が呼吸に合わせて動かない、だんだん息苦しくなってくるという人は、腹式呼吸ができていません。肺活量を鍛えるトレーニングは、腹式呼吸の延長線上にあります。まずは腹式呼吸を身につけてから、トレーニングに臨みましょう。

体幹トレーニング

しげ

歌うと、どうしても体が力んじゃうんだよね

体に余計な力が入る原因は、体がかたい、正しい姿勢で歌えてないことが考えられます。歌は、全身の筋肉運動です。スポーツと同じく、最高のパフォーマンスをするためには脱力が欠かせません。

体幹トレーニングは、姿勢を矯正させるために行います。ふだん使わないインナーマッスルを鍛えることで、正しい姿勢を身につけましょう。

ここでは、数ある体幹トレーニングの中から姿勢を矯正するものを紹介します。

Point

  • フロントブリッジ
  • サイドブリッジ
  • バックブリッジ

フロントブリッジ

まずは、うつぶせの状態から腰を落として、ひじを立てます。ひじは、肩の真下に置きましょう。次に、腰を持ち上げて、背中、腰、お尻が一直線になるようキープします。腰がのけぞると腰痛の原因になります。お腹に力を入れて、体を支えてください。

はじめは30秒キープすることを目安に、45秒、60秒と増やしましょう。フロントブリッジの間は、自然呼吸をします。

サイドブリッジ

体を横向きにして、ひじを地面に置きます。反対側の手は、腰に添えましょう。お尻が下がらないよう、お腹を持ち上げます。体が一直線になるよう意識してください。

はじめは、この姿勢を10秒キープしましょう。慣れてきたら20秒、30秒と増やしてください。サイドブリッジの間は、自然呼吸をしましょう。

バックブリッジ

仰向けに寝て、両ひざを立てます。脚は肩幅と同じくらい開きましょう。手のひらを下にして、両手を体の横に置きます。その状態から、ひざ、腰、肩が一直線になるよう背中を浮かせます。このとき、ひざの曲がりが90度になるよう意識しましょう。

はじめは、この姿勢を30秒キープ。慣れてきたら45秒、60秒と増やしてください。バックブリッジの間は、自然呼吸をします。

体幹トレーニングは、ボイストレーニングと相性抜群です。中でも、長友佑都選手が書いた「長友佑都体幹トレーニング20」はオススメ。僕自身、腰痛を治すために購入しましたが、ボイストレーニングの観点でも思わぬ効果を実感しました。

Laga-Yaga発声

しげ

高音を出すと、のどが絞まって苦しそうに聞こえる

のどが絞まる原因は、舌根(舌の付け根)が緊張している、のどに力が入っていることが考えられます。のどが絞まると苦しそうに聞こえるだけでなく、のどに負担がかかるため声帯を傷つける危険もあるのです。のど絞め発声は、早急に治さなければなりません。

のど締め発声を改善するには、Laga-Yaga発声が最適です。Laga-Yaga発声は、アメリカのボイストレーニング講師Eric Arceneauxが勧めるボイストレーニングのひとつです。

動画にあるように、Laga-Lagaと発声するだけでのどを絞める癖が改善されます。ポイントは、あごを動かさないこと。はじめは、あごに軽く手を当てて練習するとよいでしょう。

長年のど締め発声だった僕も、Laga-Yaga発声のおかげで癖が治りました。のどを絞めないで発声するだけで、楽に高音が出せるようになります。のどを絞める癖がある人は、ぜひ実践してください。

Tips

Laga-Yaga発声は、音階に合わせて練習します。始めたばかりでは音域も限られるため、高音が出ないかもしれません。苦しくなったり、のどに力んだりしたら、すぐに発声をやめましょう。無理に続けると、かえって癖が強くなります。あなたに合った音域で練習してください。

息漏れのある裏声

しげ

いくら頑張っても高い声が出ない

高音を出せない原因は、筋肉が活性化されていないからです。高音を出すカギは、輪状甲状筋と呼ばれる筋肉です。鏡で口の中を見ながら、裏声を出してください。のどの天井部分がへこみませんでしたか?

のどのへこみは、輪状甲状筋が働いた結果です。輪状甲状筋は、声帯を引っ張る筋肉。高い声は、声帯をギターの弦のようにピンと張らせることで発声されます。声帯が引っ張られるほど、送り出される空気が高速で振動するため高音が出るというわけですね。

地声で高音を出す場合、本来であれば輪状甲状筋が働きます。しかし、輪状甲状筋が活性化されていないと、声帯を引っ張れません。結果、大きな声で勢いよく空気を押し出したり、のどに力を入れて無理やり声帯を緊張させたりして高音をひねり出すことになります。

高音発声に欠かせない輪状甲状筋。鍛えるには息漏れのある裏声が効果的です。

しげ

息漏れのある裏声ってどうやって出すの?

はじめに口を大きく開けます。口先は軽くすぼめてください。あとは、フクロウのように「ほー、ほー」と裏声で発声しましょう。これが、息漏れのある裏声です。

息漏れのある裏声は、輪状甲状筋を最も鍛えることができる発声です。発声したとき、輪状甲状筋だけを動かすので非常に効率的。ただの裏声よりも息を多めにすることで、のどに負担をかけず練習できます。

「ほー、ほー」という発声は、三重大学の弓場徹教授が考案したボイストレーニングです。彼のボイストレーニングは、YUBAメソッドという名で親しまれています。

彼の著書「奇跡のボイストレーニング」は、音域を広げるためのノウハウが詰め込まれています。僕も実践したところ、効果を実感できました。高音を出したい人には、オススメの一冊ですよ。

鼻歌を歌う

しげ

話声のように歌っちゃうから声が響かない

声に響きがない原因は、音が共鳴する空間を使えてないからです。声は、体の様々な空間に共鳴することで音をつくります。それらの空間の使いこなすことで、響きの豊かな歌声が生まれます。

音の響きを最も実感できる空間は、鼻腔(びくう)です。鼻腔は、読んで字のごとく鼻付近の空間です。

鼻歌を歌うと、顔全体に音が響きませんか?これは、声が鼻腔に共鳴しているからです。鼻腔を使いこなせれば、鼻歌の響きが歌声でも得られます。

はじめは、なんでも構いませんの鼻歌を歌いましょう。兎にも角にも、鼻腔に共鳴させる感覚をつかんでください。慣れてきたら、徐々に口を開きましょう。鼻だけでなく口からも音を出します。

歌声に鼻腔の響きが混ざれば合格です。以前の声よりも、響きが豊かになっていることを実感できますね。

まとめ

ここでは、歌の悩み別にボイストレーニングを紹介しました。

歌の悩み ボイストレーニングメニュー
歌うとき息苦しさを感じる 腹式呼吸
歌詞の途中で息が切れる リップロール
声量が小さい 肺活量を鍛える
体が力んでしまう 体幹トレーニング
のどが絞まって苦しそうに歌う Laga-Yaga発声
高音が出ない 息漏れのある裏声を出す
声に響きがない 鼻歌を歌う

ボイストレーニングは、単に声を出すだけではありません。声のエネルギー源となる呼吸を整えたり、発声に必要な筋肉を鍛えたりもします。あなたの悩みが何なのか分析して、効果的なボイストレーニングを実践しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください