ボイスパーカッションが上手な人と下手な人の致命的な3つの差

voice percussion difference

あなたはボイスパーカッションが上手な人と下手な人の違いがわかりますか?

ボイスパーカッションはアカペラのリズムを担う要です。リズムキープは当然ながら、歌いやすいノリをつくったり、ほかのパートを引っ張ってく役割があります。ベースと同様、曲のリズムを支配するボイスパーカッションは、歌い手の実力が顕著に現れるパートです。

ここでは、ボイスパーカッションが上手な人と下手な人の違いを紹介します。あなたの技術が向上するよう、ぜひ参考にしてください。

ベースとコミュニケーションをとる

communication with bass

ボイスパーカッションが下手な人は、ベースとコミュニケーションをとりません。

ボイスパーカッションが上手な人は、ベースと一緒にリズムをつくり出します。

アカペラでは、ベースとボイスパーカッションがリズム隊と呼ばれます。ノリのよいリズムを奏でるには、彼らの協力が不可欠です。

ボイスパーカッションが下手な人は、独りよがりな演奏をします。気にしてるには、自分の刻み方だけ。ベースが示し合わせようとしても、われ関せずな演奏を続けます。これでは、アカペラに一体感が生まれません。

しげ

ぶんつか ぶんつか(おれのビート、マジCool!!)

ボイスパーカッションが上手な人は、練習からベースと密なコミュニケーションをとります。互いにアカペラのリズムを担うパートであると自覚してるからですね。彼らの協力があってこそ、一体感のある演奏が実現します。

ベースとコミュニケーションをとることは、単に会話をするだけではありません。抜群なグルーヴを生み出すために、互いに話し合い、一緒に練習することが求められます。僕は次のようなことを一緒に練習します。

Point

  • リズムの感じ方を統一する
  • リズムの強弱・抑揚を決める
  • 息継ぎのタイミングを合わせる
  • アタック音の強さを調整する
  • 曲の展開を共有する

特に重要なことはリズムの感じ方でしょうか。縦ゆれか横ゆれか、表拍か裏拍か、などひとつでもかみ合わなければ、一体感は生まれません。リズムの感じ方を合わせるには、時間がかかります。しかし、いったん噛み合ってしまえば、誰にも負けないグルーヴで演奏できるでしょう。

Tips

ベースとボイスパーカッションには相性があります。積極的に会話をすれば上達する、というわけではありません。演奏だけでなく、互いの性格や人柄なども考えながら、歩み寄った演奏を心がけてください。

自分の音が輝くビートを刻む

voice percussion

ボイスパーカッションが下手な人は、音の豊富さをステータスと思い込みます。

ボイスパーカッションが上手な人は、音以外の技術も追求します。

ボイスパーカッションの技術は、日に日に進歩してます。最近では唇を使って低音を出す”Inward Lip Roll(Bass)”が流行りですね。新たに発明される音を追いかけていてはキリがありません。

ボイスパーカッションが下手な人は、音にしか興味がありません。音の種類が多ければスゴい、本物のような音を出せることがウマい、と勘違いしてるのです。残念ながら、ボイスパーカッションの音は、数ある技術のひとつに過ぎません。

しげ

やっとリップベースができるようになったんだよね

ボイスパーカッションが上手な人は、自身の音が最大限に生かせるよう試行錯誤します。ボイスパーカッションは、リズムキープをしながら曲のグルーヴを支配する役割があります。ボイスパーカッションが上手な人は、自分の音が輝くようなリズムパターンをいくつも持っているのです。

では、リズムパターンを増やすにはどうすればよいのか?僕がおすすめする練習は次の4つです。

Point

  • 音楽を聴きまくる
  • プロの演奏をまねする
  • アレンジの意図を読み取る
  • ベースラインに合わせる

特に、プロの演奏をまねする練習はリズムの引き出しを増やすほか、息づかいや緩急のつけかたなども学べる優れもの。あなたが好きなアカペラグループでもよいですし、アレンジや曲調に合わせてまねする人を変えても構いません。まねした数だけ上達するので、ぜひ実践してください。

Tips

目的やアレンジに合わせて、まねする候補が何人かいるとよいでしょう。僕の場合、ノリが欲しいときはKevin(Pentatonix)、ベースと一体感を出したいときはLayne(VoicePlay)、フィルインを考えるときはAdam(Home Free)を参考にします。

アレンジにふさわしい音を使いこなす

think about arrange

ボイスパーカッションが下手な人は、覚えたての音を積極的に取り入れます。

ボイスパーカッションが上手な人は、アレンジに求められる音を使いこなします。

アカペラは、しっとり落ち着いたバラードやリズムをガンガン主張するアップテンポな曲まで様々な種類があります。これらの曲を歌いこなすには、曲調やアレンジに合った音で演奏すべきです。

ボイスパーカッションが下手な人は、自分の音をいかにアピールするかばかり考えてます。音に固執するあまり、曲調やアレンジが二の次になっているのです。結果、陽気な雰囲気がただようミドルテンポな曲に、EDMばりの低音が効いたバスドラムを盛り込んできます。

しげ

ずん ずん ずん ずん(おれのビート、マジCool!!)

ボイスパーカッションが上手な人は、アレンジを考えながら自身の音を使いこなします。バスドラムひとつとっても、息の量や唇をはじく力を調整することで音色が変わります。ボイスパーカッションが上手な人は、アレンジにふさわしい音へ調整する能力が長けています。

ボイスパーカッションの音色を変えるには、息の量を調整することが最も簡単です。息の強弱が、そのまま音の強弱として表れます。この音はこれくらいの息の量、と体で覚えれば使いこなすことができます。

Tips

バスドラムやスネアドラムのような破裂音は、音色を調整するだけで表現の幅が広がります。特にスネアドラムは、息の量に合わせてアタック音だけでなく音程も調整できます。低い音が欲しければ息を少なく、高い音が欲しければ息を多くしましょう。

まとめ

ここでは、ボイスパーカッションが上手な人と下手な人の違いを紹介しました。

  上手な人 下手な人
ベースとのコミュニケーションについて ベースと一緒にリズムをつくり出す ベースとコミュニケーションをとらない
音について 音以外の技術も追究する 音の豊富さをステータスと思い込む
アレンジについて アレンジに求められる音を使いこなす 覚えたての音を積極的に取り入れる

ボイスパーカッションの実力が、曲のリズムやグルーヴを左右します。完成度の高いアカペラを実現するには、単なるリズムキープにとどまってはいけません。頭ひとつ出るボイスパーカッションになるには、たくさんの技術が必要であることを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください