【図解】YouTubeに音声のみ(MP3)をアップロードする方法

YouTubeに音声のみ(MP3)をアップロードする方法

しげ

YouTubeに音声だけのファイルをアップしたいんだけど、MP3は対応していないのかあ。音声ファイルは、アップできないのかな?

YouTubeは、MP3やWAV形式のファイルに未対応。音声のみのファイルは、アップロードできません。

しかし、音声ファイルをYouTubeに対応しているファイル形式に変換すれば、アップロードが可能です。具体的には、MP4やMOVなどのファイル形式です。

ここでは、編集ソフトを使わずに音声ファイルをYouTubeにアップロードする方法を解説します。5分ほどで終わるので、ぜひ実践してみてください。

Memo
YouTubeではなく、YouTube Musicに音楽(WAV)をアップロードする方法も合わせて紹介します。興味がある人は、参考にしてみてください。

YouTubeに音声(MP3)をアップロードする前に

ここで紹介する方法は、いずれもMP3が必要です。音声データがWAV形式の人は、アップロード前にMP3へ変換しなければなりません。

ConvertioからWAVをMP3へ変換する

ここでは、ConvertioというWebサービスを利用します。

ConvertioからWAVをMP3へ変換する
まずは、Convertioにアクセスしましょう。赤いボタンをクリックすると、変換したいファイルをアップロードできます。
Memo
ファイルは、PC、dropbox、Googleドライブ、URLからアップロードできます。
ConvertioからWAVをMP3へ変換する
①変換するファイルを選ぶ
[開く]をクリックする
ConvertioからWAVをMP3へ変換する
ファイルのアップロードが終わったら、[変換]をクリックしてください。
ConvertioからWAVをMP3へ変換する
変換も完了したら、[ダウンロード]をクリックしましょう。
ConvertioからWAVをMP3へ変換する
MP3ファイルがダウンロードできました。これで、YouTubeにアップロードするための準備が整いましたね。

YouTubeに音声(MP3)をアップロードする方法

ここでは、TunesToTubeとMP3TUBEというWebサービスから、MP3をアップロードします。どちらもMP3をアップロードできますが、投稿された動画に違いがあります。

こちらは、TunesToTubeからアップロードされたMP3の動画です。

TunesToTubeは、サムネイルを設定できますが、動画の右上に透かしが入ります。透かしを消すには、TunesToTubeに寄付しなければなりません。

MP3TUBEは、TunesToTubeと異なり、サムネイルを設定できません。MP3TUBEからアップロードされる動画は、すべて同じサムネイルになります。

とはいえ、YouTubeの音声動画によく見られるサムネイルなので、あまり気になりませんね。一方、後述しますが、MP3TUBEはMP3の変換作業が面倒という欠点があります。

どちらも一長一短があるので、それぞれを見比べながら、どちらがよいか判断してください。

TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする

TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
まずは、TunesToTubeにアクセスしましょう。画面中央にある[Sign in with Google]をクリックしてください。
TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
ログインするGoogleアカウントを選びます。ここでは、MP3を投稿したいチャンネルのアカウントを選んでください。
TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
TunesToTubeがアクセス許可を求めてくるので、[許可]をクリックします。
TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
TunesToTubeにアクセスできました。[Upload files]をクリックしましょう。
TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
①アップロードしたいMP3ファイルを選ぶ
[開く]をクリックする
TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
MP3の次は、サムネイルをアップロードします。再び[Upload files]をクリックしてください。
Memo
サムネイル画像のサイズは、1280* 720pxが推奨されています。
TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
①サムネイルにする画像を選ぶ
[開く]をクリックする
TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
ちなみに、サムネイル画像を用意していなくても問題ありません。TunesToTubeには、サムネイルの自動生成機能があります。[Create Background Image]は動画タイトルを、[Get ID3 Image]はMP3のIDタグをサムネイルにしてくれます。
TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
動画タイトルをサムネイルにするときは、以下の4つを設定できます。
①文字色と背景の種類
②フォント
③フォントの大きさ
④文字の位置
TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
アップロードする動画の情報を入力します。
①タイトル
②概要
③タグ
④Live!(公開)またはPrivate(非公開)
⑤解像度
⑥カテゴリー
Memo
①~③は自由に設定して構いませんが、④はPrivate(非公開)にするのがおすすめです。⑤と⑥は、デフォルトのままにしておきましょう。
TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
設定が終わったら、[Create Video!]をクリック。
TunesToTubeから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
アップロードの完了です。あなたの動画は、URLからご覧になれますよ。

YouTubeにアップロードした音声(MP3)を公開する

YouTubeにアップロードした音声(MP3)を公開する
ここでは、[非公開]から[公開]へ変更する手順を解説します。まずは、YouTube Studioにアクセスしましょう。
YouTubeにアップロードした音声(MP3)を公開する
[動画]をクリックする
②公開したい動画をクリックする
YouTubeにアップロードした音声(MP3)を公開する
[公開設定]にあるペンツールのアイコンをクリックしましょう。
YouTubeにアップロードした音声(MP3)を公開する
[公開]または[限定公開]を選ぶ
[完了]をクリックする
YouTubeにアップロードした音声(MP3)を公開する
公開設定を終えたら、[保存]をクリックします。以上で動画が公開されました。

MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする

MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
まずは、MP3TUBEにアクセスしましょう。
MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
Step.1にある[ファイルを選択]をクリックします。
MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
①アップロードしたいMP3ファイルを選ぶ
[開く]をクリックする
MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
Step.2にあるタブから[自動設定(推奨)]または[音声(MP3)から動画]を選びます。
MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
最後にStep.3にある[START]をクリックするだけ。サムネイルを設定しないので、操作が簡単ですね。
MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
すると、中央に[ダウンロードへ進む]と表示されるのでクリックしてください。
MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
ここから変換作業が始まります。MP3TUBEからアップロードする場合、[変換スタート(更新)]を定期的にクリックしなければなりません。青色の時間経過を見ながら、5秒に1回程度クリックするのが目安とのこと。
MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
変換が終わったら、[変換完了(ダウンロード)]をクリック。ちなみに、このときは変換に2~3分ほどかかりました。
MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
[ダウンロード]をクリックすると、変換されたファイルを取得できます。
MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
無事にダウンロードできたようですね。
MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
MP3TUBEにも直接YouTubeへアップロードする機能があります。使う場合は、[YouTubeへアップロードする]をクリックしましょう。
MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
MP3TUBEがアクセス許可を求めてくるので、[許可]をクリックしましょう。
MP3TUBEから音声(MP3)をYouTubeにアップロードする
すると、特に設定も必要とせずにアップロードが完了します。URL先にあなたの動画がありますよ。
Memo
MP3TUBEからアップロードされた動画は、[非公開]に設定されています。動画を公開したいときは、YouTube Studioから設定を変更しましょう。

YouTube Musicに音楽を配信したい人はTuneCore Japanを利用する

YouTube Musicへ音楽を配信するには、TuneCore Japanという音楽アグリゲーターを利用しなければなりません。

音楽アグリゲーターとは、あなたの代わりに音楽配信ストアへ楽曲登録を代行してくれるサービスのことです。

TuneCore Japanの配信先は、YouTube Musicだけでなく、SpotifyやApple Musicなど大手プラットフォームを網羅しています。

シングルであれば、年間配信料は1,500円ほど。楽曲の売り上げは、アーティストに100%還元(各ストアの手数料を除く)されるので、ちょっとしたお小遣い稼ぎになりますよ。

TuneCore Japanから音楽を配信する手順

  • STEP.1
    TuneCore Japanに登録する
    音楽配信代行サービスのTuneCore Japanにアーティスト登録をします。
  • STEP.2
    配信楽曲の情報を編集する
    ジャケット画像と楽曲ファイルをアップロード、楽曲情報を入力します。
  • STEP.3
    配信ストアを設定する
    楽曲を配信するストアを設定します。著作権料が別途かかるアメリカとインドは、配信先から外しましょう。
  • STEP.4
    アカウント情報を確認する
    個人情報と振込口座を入力します。
  • STEP.5
    配信料を決済する
    配信期間に応じた料金を決済します。配信期間は、1~3年の間で設定できます。
  • STEP.6
    決済を確認する
    決済を確認したら、楽曲の配信審査を依頼しましょう。
  • STEP.6
    楽曲をシェアする
    LinkCoreを使えば、配信した楽曲を手軽に告知できます。

大まかな手順は、上の通り。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

【カバー曲もOK】あなたの音楽を世界中に配信する方法【カバー曲もOK】あなたの音楽を世界中に配信する方法

TuneCore Japanの公式HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください