僕たちは日本で唯一リズム特化アレンジしかしないアカペラ楽譜やさん

a cappella score store

「グルーヴ感のあるアカペラ楽譜がない」とお悩みのあなた、ほかのサイトのアカペラ楽譜では満足できないあなた。

はじめまして、Groovy grooveのしげ(@groovygroovemsc)です。なぜ、あなたがお探しのアカペラ楽譜がほかのサイトにないのでしょうか?

学生時代の僕も同じようなことを考えていました。ボイスパーカッションをしていた僕にとって、市販のアカペラ楽譜はどれも物足りないものばかり。ロングトーンが多いため、ついつい体を動かしてしまうようなグルーヴ感あふれるアレンジがありませんでした。

このような悩みを抱えている学生がほかにもいるに違いないと確信した僕は、リズムに特化したグルーヴ感あふれるアレンジを販売することを決意します。

もりのアカペラ楽譜やさんが販売する楽譜は、5年以上の歳月をかけて試行錯誤した結果身に着けた独自の編曲法でつくられています。

ここに並ぶアカペラ楽譜のすべては、アカペラ編曲家ならではのこだわりが隅々まで施された逸品です。ぜひ僕たちの楽譜を手に取り、ライブ会場を沸かせてください。

アカペラ楽譜を書き始めたきっかけ

はじめまして、もりのアカペラ楽譜やさんのアカペラ編曲担当もりです。もりのアカペラ楽譜やさんで提供しているアカペラ楽譜は、すべて私が編曲しています。

ここでは、あなたがお探しであるリズム感あふれるアレンジをするためのこだわりについてお話します。

その前に、少しでも私のことを知ってほしいので自己紹介させてください。私は2歳からピアノを習い始めました。当時の私はピアノだけでなく歌にも興味津々で、好きな歌を好きなだけ歌っていました。

そんな私がアカペラを始めたのは大学一年生のときです。ほかの人とハモってみたかった私は、大学のアカペラサークルに入りました。たくさんの人とハモり、様々なライブを経験していく中で、

このバンドでこの曲をこんなアレンジで歌ったら楽しいかもしれない

もり

という思いが芽生え、はじめての楽譜をつくってみました。その楽譜がみんなに気に入ってもらえたことをきっかけに、本格的にアレンジを始めました。

  • このバンドは、どんなアレンジだと映えるのだろうか
  • 彼女の声は、どの音域だと一番輝くのだろうか
  • 彼のボイスパーカッションを生かすには、どのようなリズムを入れればよいのだろうか

などなど、その時から私は歌う人やライブを想像しながら一曲一曲大切にアレンジを続けてきました。とてもうれしいことに、私のアレンジが好きで編曲を頼んでくれるバンドもいました。

現在、私はアカペラ編曲家として、こだわり抜いた一点もののアカペラ楽譜をつくっています。自分がアレンジした曲が、アカペラを歌う人やライブを見に来るお客さんに届くことは、言葉では言い表せないほどの感動があります。彼らの存在が、今の私を支えているのです。

アカペラ楽譜づくりのこだわり

さてさて、ここからは私のこだわりについてお話します。まず楽譜づくりに欠かせないのが、アレンジのテーマを決めることです。この後お見せする制作事例にもそれぞれテーマがあります。そうすることで、アレンジに一貫性を持たせています。

アレンジするときは音符や休符ひとつひとつに意味を持たせています。これは、音楽をつくる人にとっては当たり前の考えではないでしょうか。私もアカペラ編曲家として、歌う人たちや実際のライブを想像しながら、妥協のないアレンジを常に心がけています。

私たちはアレンジの仕上げとして、実際に演奏することで出来上がりを確認しています。演奏することで初めて気が付くこともあります。よりよいアレンジを提供するため、改善点を見つけては、アレンジを手直ししています。

こうすることで、私たちがこだわり抜いた一点もののアカペラ楽譜が完成します。ほかにもお話したいこだわりがありますが、全部お伝えすると長くなってしまうため、ここでは割愛します。この後お見せする制作事例で、私たちのこだわりが少しでも伝わればうれしいです。

制作事例

私たちはリズム重視のアレンジはもちろん、メドレーやマッシュアップもつくっています。いずれのアレンジも、すべてテーマがあります。あなたの目や耳で、私たちのこだわりが感じられればうれしいです。ここでは、今までつくったアカペラの中からいくつか紹介します。ほかのアカペラは私たちのYouTubeチャンネルにあります。

YouTubeで見る

しげ

気に入ったらチャンネル登録してね

 

日本で唯一のリズム特化型アレンジ

私たちのこだわりは、いかがでしたか?

もしかしたら、好みではないという方もいることでしょう。もしそう感じるのであれば、大変申し訳ありませんが、私たちはあなたが満足するアカペラ楽譜をご提供することができません。私たちは、知識はもとより感覚を優先する独自の方法でアレンジしております。

そのため、好き嫌いがはっきり分かれるアレンジになっているでしょう。特に、ロングトーンを多用することでハーモニーを聴かせたい人や原曲のコード進行をきちんとなぞる理論に沿ったアレンジをする人は、受け入れがたいはずです。

しかし、私たちはハーモニーや原曲をないがしろにしているわけではありません。私たちが書き上げる音すべてに意味があります。ロングトーンが少ないのは、歌う人も聴いている人も曲のリズムを感じてノリやすくするためです。原曲のコード進行と異なるのは、声が織りなす響きを優先しているからです。

私たちの楽譜を手に取った時、これらのことを思い出してくれるとうれしいです。もちろん、私たちの楽譜を無理して買う必要はありません。アカペラの好みは十人十色です。私たちも、あなたのこだわりをお邪魔したくありません。私たちのアレンジが好みでない方は、ほかのサイトで楽譜をご購入されることをおすすめします。

「こんなアレンジを待っていたんだ!」と感じるのであれば、私たちのアカペラ楽譜を自信をもってご提供いたします。私たちは、曲のリズムやグルーヴ感を楽しみたいあなたを後悔させません。ぜひ、私たちのアレンジを楽しんでください。

アカペラ楽譜を買う5つのメリット

好みのアカペラ楽譜を買うことは、あなたが思い描いたライブや演奏、パフォーマンスを実現する近道です。しかし、好みのアレンジを歌うことで得られるメリットは、それだけではありません。

Point

  • 独自の編曲法により、ほかのバンドとアレンジが被らない
  • ボイスパーカッションも考慮しているため、リズムパターンを考えやすい
  • 難易度が高いため、技術の向上につながる
  • 参考演奏があるため、ライブやパフォーマンスのイメージがわきやすい
  • 楽譜としてはもちろん、アレンジの際に参考書としても使える

などなど。アカペラ楽譜を買うことは、単に好みのアレンジを演奏できるだけではないということを忘れないでください。私たちは、楽譜を通して多くの恩恵をもたらすことをお約束いたします。

まとめ

ここでは、私たちがアカペラ楽譜を販売するきっかけやこだわりをお話ししました。アカペラの好みは十人十色です。そんな中、私たちのアレンジを気に入ってもらえたらうれしいです。もりのアカペラ楽譜やさんではアカペラ楽譜の販売のほか、オーダーメイドやアレンジの手直しバンドクリニックなどのサービスも提供してます。ぜひこちらもご覧ください。

サービスを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください