実は効果がない?独学ボイトレの前に知りたいメリットとデメリット

独学ボイトレのメリットとデメリット

しげ

どうにかして地声の音域を拡げたいな。よし、本腰入れてボイトレでもするか。レッスンを受けるお金がもったいないから、独学でいいっしょ。

ボイストレーニングは、プロの講師にレッスンを受けなくてもできます。独学だと、レッスンのお金を払う必要がありません。

しかし、独学のボイストレーニングにはデメリットがあります。気をつけてトレーニングしなければ、かえって下手になるということも……。

僕自身、独学のボイストレーニングが原因で、喉声が悪化した経験があります。声が枯れるわ、音域がせまくなるわ、最悪の結果を招きました。

ここでは、僕の体験談を踏まえて、独学でボイストレーニングをするメリット・デメリットをまとめます。

独学ボイトレのメリット

なぜミドルボイスの声量が小さくなるのか

お金がかからない

独学でボイストレーニングをするメリットは、お金がかからないことです。レッスンの相場は、1回当たり5,000円前後。高いと10,000円を超えるレッスンも。

独学でする限り、お金は一切減りません。防音性の高い部屋を借りていれば、自宅でトレーニングが完結。お金のない苦学生は、独学一択と考えるのも無理はありません。

歌も上手くなるし、お金もかからない。筋トレのように、トレーニングの成果を日に日に実感できる。正しくトレーニングすれば、いいこと尽くしの選択かもしれませんね。

独学ボイトレのデメリット

独学ボイトレの注意点

  • 自分自身の声を客観的に分析できない
  • 上達に時間がかかる
  • 癖が悪化する可能性がある
  • 軌道修正してくれる人がいない
  • トレーニングを続けられない

自分自身の声を客観的に分析できない

正しい発声を身につける、歌が上達するコツは、あなた自身の声を熟知することです。

  • 声にはどのような個性・特徴があるのか?
  • 得意な音域・苦手な音域はどこか?
  • 伸び悩む原因はなにか?
  • どの筋肉が足りないか?
  • 声をどこに響かせているか?
  • のどや声帯の健康状態はどうか?
  • 声を出すときに癖はあるか?

あなたの声には、どのような特徴があるのか、誰よりも詳しく知らなければなりません。しかし、客観的に声を分析することは、とても難しいことです。

声を詳しくするには、豊富な知識と経験が必要です。声を聞いただけで、何が足りないのか、改善するにはどんなトレーニングがよいのか、正確な判断が求められます。

独学でボイストレーニングをする人の大半は、知識や経験がほとんどありません。上達するには、それらを蓄積する必要があります。

ネットや書籍を駆使すれば、知識を補えるでしょう。四の五の言ってないで歌い続ければ、経験を積めるかもしれません。

しかし、プロにしかわからない、プロにしか気づけないことがたくさんあります。ネットや書籍には、ボイストレーニングの表面しか載ってません。

僕は、学生時代から6年以上独学でボイストレーニングをしてきました。大学院でも発声の研究をしていたため、ボイストレーニングの知識には自信があります。

しげ

地声と裏声の切り替えが苦手なのは、裏声が弱いからだ。裏声を鍛えれば、切り替えた後も声量が小さくならないはず。

積み重ねてきた知識と照らし合わせながら、自分には何が足りないのか分析します。しかし、今振り返ると分析したつもりになってました。

いくらトレーニングしても、一向に上達しない。始めたばかりの頃よりは上達しましたが、やがて壁にぶつかります。

ネットや書籍を読み漁っても、有効な解決手段が見つかりませんでした。頭ばかりが凝り固まったので、いつしかトレーニングが辛いものへと変わりました。

上達に時間がかかる

独学でボイストレーニングをする場合、どのようなメニューがあるのか調べなければなりません。あなたの目標を達成するには何が必要なのか、知識をためる必要があるのです。

例えば、あなたの目標がミックスボイスの習得だとしましょう。ミックスボイスとは、地声と裏声を滑らかにつなぐ発声方法です。

歌手の登竜門と言われるミックスボイス。習得する過程は、ざっとこんな感じ。あくまで一例ですので、全員に当てはまるわけではありません。

  1. インナーマッスルを鍛える
  2. 腹式呼吸の習得・強化
  3. ブレスコントロール
  4. 裏声の習得
  5. 輪状甲状筋を鍛える
  6. ヘッドボイスの習得
  7. 閉鎖筋を鍛える
  8. ミドルボイスの習得
  9. 各共鳴腔を使いこなす
  10. 喚声点の克服

なんだか気が遠くなりますね。トレーニング自体時間がかかりそうなのに、聞いたこともない単語も並んでます。

しげ

輪状甲状筋とか閉鎖筋ってなんだろう?ミドルボイスとミックスボイスって同じじゃないの?

ネットや書籍に頼れば、だいたいの知識は補えます。しかし、目で見て耳で聞いたトレーニングを正しく実践できるかは、話が別です。

お手本は、本や画面の向こうにしかいません。お手本を参考にしながら、鏡とにらめっこ。格好は様になっても、肝心の発声を真似できなければ意味がありません。

独学のボイストレーニングは、試行錯誤の連続です。トレーニングの過程も楽しめる人には、問題ないでしょう。

しかし、ほとんどの人は少しでも早い上達を望んでるはず。知識を蓄える、実践して効果を確かめる。年単位で計画を立てる独学ボイトレは、相性が悪いかもしれません。

癖が悪化する可能性がある

時間をかけて実践してきたトレーニングが、必ずしも成果につながるわけではありません。情報を読み誤ったり、ズレた解釈をしたりすると、途端に無意味なモノに変わります。

意味がないだけなら、まだマシかもしれません。トレーニングの方法によっては、むしろ悪影響を与えることもあります。

独学でボイストレーニングを始めたばかりの僕は、地声の音域を広げるとこに躍起になっていました。

しげ

目標はG♯にしよう。これなら、好きなアーティストの曲を歌えるはずだ。

好きな曲を地声で歌いきる。音域のせまかった僕にとって、これほどモチベーションの上がる目標はありません。

ネットや書籍で情報収集。効果のありそうなメニューを片っ端から実践します。正しいかどうかも判断せず、勢いに任せて突き進みました。

しげ

前よりも音域がせまくなってない?すごく苦しそうに聞こえるし、すぐに声がかれちゃうし……。むしろ下手になってね?

結果、喉声が悪化。のどに力を入れて、張り上げるような発声しかできなくなりました。苦しそうに聞こえる、のどが痛くなる。本当に最悪でした。

喉声を改善するために、1年以上かかりました。ようやくスタートラインに立てた気分です。これまでの努力は、何だったのでしょうか。

独学でボイストレーニングをすることは、癖が悪化する危険と常に隣り合わせということを忘れないでください。

軌道修正してくれる人がいない

喉声の悪化を防ぐには、どうすればよかったのか?

解決策のひとつは、発声について意見をもらえる、フィードバックをもらえる環境に身を置くことです。

独学のボイストレーニングでは、何が正しいのか、すべて自分で判断しなければなりません。試行錯誤の末、効果のありそうなトレーニングに可能性をゆだねるのです。

しかし、それらはあくまで見聞きした情報に過ぎません。残念ながら、プロや専門家でもないので、確証を持てませんよね。

レッスンを受けていれば、プロの講師が進むべき道を示してくれます。今のあなたには、何が足りなくて、どんなトレーニングが必要なのか教えてくれます。

ボイストレーニングについて軌道修正してくれる人が身近にいれば、問題ありません。独学だと、いつの間にか誤った道を進んでいるかもしれないのですから。

トレーニングを続けられない

独学のボイストレーニングは、時間がかかります。0の状態から始めれば、ちょっとした変化も気づきやすいでしょう。

しかし、ある程度上達してきたら、伸び悩む時期に差し掛かります。正確には、少しずつ成長しているはず。始めたころよりも、成果を確認しにくくなっただけに過ぎません。

思うように上達しなかったら、もどかしいですよね?モチベーションが上がらないですよね?

喉声を改善してから、およそ1年。例にもれず、僕もボイストレーニングのモチベーションが上がらなくなっていました。

しげ

毎日1時間もトレーニングしているのに、上達しているのかな……。意味のないトレーニングに、時間を浪費しているだけなんじゃ……。

モチベーションの低下が、やがて不安へと変わります。成果を追い求めるあまり、上達しない自分に落ち込みました。

しげ

のどを締める癖もなくなったし、前よりも高音を楽に出せる。

振り出しに戻ってからのボイストレーニングは、成長を実感できて楽しかったです。いつかミックスボイスも出せる。そう信じて疑いませんでした。

しかし、独学の壁にぶつかったとき、トレーニングを続けることができませんでした。楽しかった歌にも距離を置いてしまうほどです。

知識ばかりが肥大し、期待だけが先行した僕にとって、独学のボイストレーニングは難しすぎました。

確実に上達するボイトレとは

鼻腔共鳴を使いこなすためのボイトレ

独学のボイストレーニングでも、確実に上達することができます。僕自身、たくさんの成果がありました。

  • 腹式呼吸の習得
  • ブレスコントロール
  • のどを締める癖の改善
  • 音域の拡大
  • 裏声の強化
  • ヘッドボイスの習得
  • ミドルボイスの習得

しかし、ここに至るまで、ほかの人より多くの時間がかかったのも事実です。喉声の悪化も相まって、6年以上かかりました。6年かけて、やっとマシになったかな程度です。

目標のミックスボイスは、見えてきません。地声と裏声の切り替えは、相変わらず苦手のままです。

現状を打破するため、プロの講師からレッスンを受けてきました。結論から言うと、長年の悩みを解決してくれた最高のレッスンでした。

なぜ僕が地声と裏声の切り替えを苦手としているのか、なぜ成長に伸び悩みを感じているのか。1時間もしないうちに、ぶつかっていた壁が壊れていきます。

しげ

どうしてプロのレッスンを受けてこなかったんだ。もっと早く受けていれば、変わってたかもしれないのに。

今までプロのレッスンを受けてこなかったことに、とても後悔しました。もっと早くに悩みを解決できたと思うと、悔しくて仕方ありません。

ネットや書籍の練習を薬局に売ってる市販の薬だとすると、プロの講師から受けるレッスンは病院から処方された薬です。

市販されている薬と処方される薬。効果のある薬はどちらか、容易に想像できますね。処方される薬は、診察結果からあなたに何が必要なのか分析したうえで渡されます。

レッスンでは、あなたの悩みや課題に合わせて最適なメニューを提案してくれます。確実に、そして最速で上達することが可能です。伸び悩んでいた僕でさえ、日に日に成果を実感できるほどです。

タダでボイトレのレッスンを受ける裏技

地声の声量を大きくするボイトレ

ボイストレーニングのレッスンは、安くて月1万円くらいで受けることができます。一方、安くはない投資だから、失敗したくないという人もいるはず。

実は、ボイトレのレッスンを無料で受けられる裏技があります。たいていのボイストレーニング教室には、体験レッスンが用意されています。

お金が必要な体験レッスンもあれば、タダで受けられるレッスンも。ねらい目は、もちろん無料体験レッスンを用意している教室です。

しげ

でも、体験したら入会しなきゃいけないんでしょ?強引に勧誘されたら断れない気がする……。

個人経営の教室はわかりませんが、大手のボイトレ教室では、無理な勧誘が一切ありません。僕自身、いくつかの教室で体験レッスンを受けましたが、勧誘はありませんでした。

体験したから入会しなければならない、というわけではないので安心してください。ほかの教室も考えていると伝えれば、きちんと対応してくれますよ。

せっかくなので、タダで体験レッスンを受けられる、かつ強引な勧誘がないボイトレ教室を紹介します。

シアーミュージック

シアーミュージック

画像引用:http://www.sheer.jp

シアーミュージックは、大手ボイストレーニング教室のひとつです。北は札幌、南は那覇まで教室を展開。老若男女問わず、幅広い世代の生徒さんが通います。

体験レッスンの感想

しげ

正直なところ、たったの30分だけだから期待してなかったんだよね。でも、レッスンを受けてびっくり。長年の悩みを解決してくれた最高のレッスンだったよ。

シアーミュージックの評判や体験レッスンのレポートは、以前の記事にまとめています。こちらも参考にしてください。

シアーミュージックシアーミュージックの評判は?プロを目指すなら入会すべき7つの理由 シアーミュージックシアーミュージックのボイトレ無料体験レッスンでキーが3つ上がった

Beeミュージックスクール

Beeボーカルスクール

画像引用:http://www.bee-music.jp

Beeミュージックスクールは、最近勢いのあるボイストレーニング教室です。明るく楽しいレッスンとお洒落な内容が話題。音楽初心者にオススメの教室ですよ。

体験レッスンの感想

しげ

先生やスタッフのみなさんがフランクに話しかけてくれたおかげで、楽しくレッスンできたよ。人見知りな僕も、レッスン終わりにはすっかり打ち解けちゃった。

Beeミュージックスクールの評判や体験レッスンのレポートも、以前の記事にまとめています。こちらも参考にしてください。

BeeミュージックスクールBeeミュージックスクールの評判は?体験した僕が教える5つの魅力 BeeミュージックスクールBeeミュージックスクール無料体験レッスンを口コミより詳しく紹介

独学ボイトレのメリットとデメリットまとめ

独学ボイトレのメリットとデメリット

ここでは、独学でボイストレーニングをするメリットとデメリットをまとめました。

Point

  • メリット
    • お金がかからない
  • デメリット
    • 自分自身の声を客観的に分析できない
    • 上達に時間がかかる
    • 癖が悪化する可能性がある
    • 軌道修正してくれる人がいない
    • トレーニングを続けられない

独学のボイストレーニングは、成果が得られないわけではありません。僕も音域が広がったり、太い裏声を出せたりと上達を実感してます。

しかし、レッスンを受けている人の何倍もの時間がかかりました。加えて、喉声が悪化するということもありました。

独学とレッスン、両方経験した僕としては、お金をかけてでもレッスンを受けるべきと考えます。プロの講師は、あなたを確実に、そして最速で成長させてくれます。

もし独学でトレーニングする場合、癖が悪化しないように、のどを壊さないように気を付けてください。あなた自身の声を知ることが、上達のコツですよ。

>> シアーミュージックの無料体験レッスンはこちら

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください