【ボイトレ】脱力がカギを握る!ミドルボイス習得に向けた3つのコツ

ミドルボイスのコツ(ボイトレ)

しげ

どうしてもミドルボイスができないんだよね。ミドルボイスに必要な筋肉はしっかり鍛えたのに……。

ミドルボイスは、ヘッドボイスと比べると難しい発声です。中高音域で息もれのない裏声を出せたとしても、低音域ではかすれてしまいます。

「トレーニングしたのに発声できない」という人は、力が入りすぎてるかもしれません。余計な力みは、ミドルボイスの妨げになります。

ここでは、ミドルボイス発声のコツを紹介します。コツをしっかり実践すれば、あなたもミドルボイスを発声できるでしょう。

※0円のボイストレーニング教室という近道

最近はボイストレーニング教室が増えているため、ミドルボイスを習得するにはBeeミュージックスクールのほうが早いかもしれません。

Beeミュージックスクールには無料体験レッスンがあります。かく言う僕も無料体験レッスンのおかげでミドルボイスの感覚をつかみました。

独学ボイトレを続けてあれこれ悩むよりも、Beeミュージックスクールの無料体験を利用するほうが近道かもしれませんよ。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

ミドルボイスのコツは3つの脱力

ミドルボイスのコツ

ミドルボイスを出すには、脱力を心がけなければなりません。体に力が入っていると、思うように声が出ないからです。

ここでは、次の3つを脱力させるボイトレメニューを紹介します。

  1. 全身の脱力
  2. のどの脱力
  3. 声帯の脱力

ミドルボイスのコツ①全身の脱力

ミドルボイスのコツ①全身の脱力

ミドルボイスを出すとき、お腹に力が入ってしまう、気がついたら肩が疲れていた。このような経験があれば、全身に力が入りすぎています。

正しい発声のために、全身をリラックスさせましょう。

Menu

  • ストレッチ
  • 体幹トレーニング

ストレッチ

全身を脱力させるには、ストレッチが有効です。ここでは、ボイストレーニングの観点から、3つのストレッチを紹介します。

Menu

  • 体幹を伸ばす
  • 肩甲骨のストレッチ
  • 股関節のストレッチ

体幹を伸ばす

ストレッチ

画像引用:「一瞬でキーが2つ上がるボイトレ本」

腕をまっすぐ上に伸ばす。

ストレッチ

画像引用:「一瞬でキーが2つ上がるボイトレ本」

腰から横に倒す。

肩甲骨のストレッチ

ストレッチ

画像引用:「一瞬でキーが2つ上がるボイトレ本」

肩を耳の後ろまで引き寄せる。

ストレッチ

画像引用:「一瞬でキーが2つ上がるボイトレ本」

腕を振り下ろして、後ろで手をたたく。

ストレッチ

画像引用:「一瞬でキーが2つ上がるボイトレ本」

以上を10回繰り返す。

股関節のストレッチ

ストレッチ

画像引用:「一瞬でキーが2つ上がるボイトレ本」

あぐらを組みながら、足をつかむ。

ストレッチ

画像引用:「一瞬でキーが2つ上がるボイトレ本」

体を前に倒して、胸と足を近づける。

体幹トレーニング

体に力が入る原因のひとつは、筋肉が足りないことです。特にインナーマッスルは、ふだんの生活ではあまり鍛えることができません。

ここでは、ボイストレーニングに有効な体幹トレーニングを紹介します。体幹を鍛えれば、正しい発声に適した姿勢も身につきますよ。

体幹トレーニング 鍛えられる部位 効果
フロントブリッジ 大腿四頭筋・大臀筋・脊柱起立筋 姿勢の矯正
サイドブリッジ 腹横筋・中臀筋・脊柱起立筋 姿勢の矯正・下半身の強化
バックブリッジ 腸腰筋・大臀筋・脊柱起立筋 姿勢の矯正
Memo

体幹トレーニングをするときは、呼吸を意識しましょう。正しい呼吸は、トレーニングの効率を飛躍的に高めてくれます。ここで紹介するトレーニングでは、いずれも自然呼吸をしてください。

フロントブリッジ

How to

  1. うつぶせの状態から腰を落とす
  2. ひじが肩の真下になるよう立てる
  3. 腰を持ち上げて背中・腰・お尻が一直線になるよう姿勢をキープする
レベル 時間
初級 30秒
中級 45秒
上級 60秒

腰がのけぞると腰痛の原因になります。お腹に力を入れて、しっかりと体を支えてください。

サイドブリッジ

How to

  1. 体を横向きにする
  2. ひじを地面に置く
  3. 反対側の手を腰に添える
  4. お尻が下がらないようお腹を持ち上げる
  5. 体が一直線になるよう姿勢をキープする
レベル 時間
初級 30秒
中級 45秒
上級 60秒

バックブリッジ

How to

  1. 仰向けに寝て両ひざをたてる
  2. 脚を肩幅と同じくらい開く
  3. 手のひらを下にして両手を体の横に置く
  4. ひざ・腰・肩が一直線になるよう背中を浮かせる(ひざの曲がりは90°)
  5. 姿勢をキープする
レベル 時間
初級 30秒
中級 45秒
上級 60秒

ミドルボイスのコツ②のどの脱力

ミドルボイスのコツ②のどの脱力

ミドルボイスを出すとき、のどが締まる、苦しそうに聞こえる。このような経験があれば、のどに力が入っています。

のどに力が入ったり、のどを締めるような発声では、ミドルボイスを出せません。癖が悪化すれば、ケガにつながります。

のどを脱力させるカギは、舌筋です。ここでは、舌筋を柔らかくする3つのボイトレメニューを紹介します。

Menu

  • 舌まわしストレッチ
  • タングトリル
  • Laga-Yaga発声
Memo

舌筋は、舌を動かす筋肉の総称です。舌の位置を変える筋肉を外舌筋、舌の形を変える筋肉を内舌筋と呼びます。

舌をまわすストレッチ

How to

  1. 口を閉じる
  2. 舌を下唇と歯の間に入れる
  3. 時計回りに10回まわす
  4. 反時計回りに10回まわす
レベル 回数
初級 10回
中級 20回
上級 30回

舌は、常に唇と歯の間でまわします。ゆっくりまわすと、負荷が大きくなるのでオススメ。

タングトリル

タングトリルは、舌筋を柔らかくするボイストレーニングのひとつです。舌筋のストレッチだけでなく、呼吸も整えられる一石二鳥のトレーニングですよ。

How to

  1. 舌を口の上側にくっつける
  2. 息を吐いて舌を「とぅるるる」と鳴らす
レベル 時間
初級 10秒
中級 20秒
上級 30秒

タングトリルは、巻き舌の要領で「とぅるるる」と息を吐きます。しかし、これがなかなか難しい。慣れないうちは、まったく続かないですよね。

ポイントは、息を一定の量で吐き続けることです。吐く息の量が多すぎても少なすぎても、舌が鳴りません。

しげ

僕も最初はできなくて苦労したよ。でも、毎日練習したら25秒以上は安定してできるようになったよ。
タングトリル巻き舌がポイント!息の量を整えるタングトリルのやり方とコツ

Laga-Yaga発声

Laga-Yaga発声は、アメリカのボイストレーニング講師Eric Arceneauxが勧めるボイストレーニングのひとつです。

How to

  1. あごを下げる
  2. 手をあごに軽く当てる
  3. 音階に合わせてLaga-Lagaと発声する
  4. Yaya-Yaya, Yaga-Yaga, Tala-Talaも同じように発声する

動画のように、Laga-Lagaと発声するだけで舌筋をほぐしてくれます。ポイントは、あごを動かさないこと。

はじめは、あごに軽く手を当てて練習するとよいでしょう。鏡の前で練習すると、あごが動いていないか確認できますよ。

注意

Laga-Yaga発声は、音階に合わせて練習します。始めたばかりでは音域も限られるため、高音が出ないかもしれません。

苦しくなったり、のどに力んだりしたら、すぐに発声をやめましょう。無理に続けると、かえって癖が強くなります。あなたに合った音域で練習してください。

ミドルボイスのコツ③声帯の脱力

ミドルボイスのコツ③声帯の脱力

地声は楽に出せるのに、裏声やミドルボイスになると急に出しにくさを感じる。このような経験があれば、声帯が力んでいるかもしれません。

声の種類は、声帯の伸びや開きによって調整されます。声帯の筋肉が十分に備わっていれば、出したい声に適した状態になるでしょう。

一方、筋肉が足りない場合、声帯を緊張させることで補おうとします。また、筋肉が十分でも、声帯に力を入れるとミドルボイスを出せません。

ここでは、声帯の脱力につながるボイトレメニューを紹介します。

リップロール

How to

  1. 唇を湿らす
  2. 唇を前に突き出して軽く閉じる
  3. 息を吐いて唇を「ぶるぶる」と鳴らす

リップロールの前に、水を飲むなどして唇を湿らせてください。唇が乾燥しては、思うように振動しないので注意しましょう。

下唇で上唇を持ち上げるようイメージで口を閉じます。閉じる力が強すぎても弱すぎても振動しないので、力加減を調整しながら練習しましょう。

リップロールが一瞬しかできないという人は、吐く息の量が多いかもしれません。息を吐くときは、一定になるよう心がけてくださいね。

しげ

リップロールをするときは、息だけでも声を出しながらでも問題ないよ。僕の体感としては、声を出すとと負荷が大きくなる印象かな。「うー」の発音が、一番やりやすいよ。
Memo

できない人は、唇の両端を指で引っ張ってください。唇が張るので、振動しやすくなります。まずは指で補助しながら、リップロールの感覚をつかみましょう。

リップロールリップロールの効果とは?手軽にボイトレできるやり方と練習方法

独学ボイトレの注意点

独学ボイトレの注意点

独学でボイストレーニングをする場合、お金が全くかかりません。防音性の高いアパートに住んでいれば、練習場所を借りる必要もありません。

しかし、独学ボイトレには、いくつかのデメリットがあります。

Warning

  • 軌道修正してくれる人がいない
  • 自分自身の声を客観的に分析できない
  • 上達に時間がかかる
  • 癖が悪化する可能性がある
  • トレーニングを続けられない

これらは、6年以上独学でボイストレーニングしてきた僕が体験したことです。一時は、のどを締める癖が悪化し、声が出ない状態が続きました。

以前の記事に、詳しくまとめています。

独学ボイトレのメリットとデメリット実は効果がない?独学ボイトレの前に知りたいメリットとデメリット

独学ボイトレは、決して成果が出ないわけではありません。正しくトレーニングすれば、少しずつ成長します。

あなたには、僕と同じ思いをしてほしくありません。下手になっては元も子もないので、くれぐれも注意してトレーニングしてください。

ミドルボイスのコツまとめ

ミドルボイスのコツ(ボイトレ)

ここでは、ミドルボイスを出すコツを紹介しました。

Point

  • 全身の脱力
    • ストレッチ
    • 体幹トレーニング
  • のどの脱力
    • 舌まわしストレッチ
    • タングトリル
    • Laga-Yaga発声
  • 声帯の脱力
    • リップロール

ミドルボイスのコツは、とにかく脱力することです。声帯を無理やり閉じるような力技では、いつまでも発声できません。

特に、のどと声帯は常にリラックスさせる必要があります。余計な力みは、伸びやかな発声を妨げるだけですからね。

ここで紹介したコツは、ミドルボイスに限らず、ほかの発声にも言えることです。きちんと実践できれば、あなたの声が見違えるほどの変化を実感できるはず。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください