【ボイトレ】ミドルボイスとは?男性・女性でもできる出し方とコツ

ミドルボイスの出し方

しげ

どうやらミドルボイスっていう声があるらしい。楽に高音が出せる発声方法ということは知っているんだけど、一体どんな声なんだろう?

地声のような響きをもつミドルボイス。トレーニングすれば、男性であろうと女性であろうと習得できます。ミドルボイスを出せれば、どんな曲でも歌えるでしょう。

ここでは、ミドルボイスについて解説したのち、出し方やコツを紹介します。ボイトレすれば誰でもミドルボイスを出せるようになります。ぜひ参考にしてください。

※0円のボイストレーニング教室という近道

最近はボイストレーニング教室が増えているため、ミドルボイスを出すにはBeeミュージックスクールのほうが早いかもしれません。

Beeミュージックスクールには無料体験レッスンがあります。かく言う僕も無料体験レッスンのおかげでミドルボイスの感覚をつかみました。

地道に独学ボイトレに励むよりも、Beeミュージックスクールの無料体験を利用するほうが近道かもしれませんよ。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

ミドルボイスの前に知りたいこと

輪状甲状筋を鍛えるボイトレ

人は地声と裏声、ふたつの声があります。これらの声は、声帯の伸びや開きを調整することによって発声されます。

発声 声帯の伸び 声帯の開き
地声 伸びていない 閉じている
裏声 伸びている 開いている

声帯が伸びるほど高い音を、閉じているほどハッキリした音を発声できます。もちろん、声帯を伸ばしながら地声を出したり、声帯を閉じながら裏声を出すことも可能です。

ふつうの裏声だと声帯が開いている分、息がもれてしまいます。結果、地声よりも細い音色になるのです。

一方、声帯を閉じながら裏声を出せれば、地声のような響きを得ることができます。このような声を、息もれのない裏声と呼びます。

ミドルボイスとは

裏声は、発声する音域や声帯の開きで名称が異なります。ミドルボイスは、低音域を発声する息もれのない裏声です。

息もれのない裏声 裏声音域
ミドルボイス 低音域
ヘッドボイス 中高音域
ホイッスルボイス 超高音域

たいていの人は、地声と裏声が切り替わる音域からミドルボイスを発声できます。ミドルボイスは、その名の通り地声と裏声の中間あたりを発声する声というわけです。

ミドルボイスとミックスボイスの違い

ミドルボイスは、しばしばミックスボイスと間違われることがあります。これらの発声は、いずれも地声のような裏声という特徴があるためでしょう。

しかし、ミドルボイスとミックスボイスは全くの別物。ミックスボイスは、喚声点をなくすことにより、地声と裏声をなめらかにつなげる発声方法です。

ミドルは「中間」、ミックスは「混ぜる」。名前から見ても、これらの違いがハッキリと分かりますね。

Memo

地声と裏声の境目を喚声点と呼びます。喚声点では、音程が不安定になったり、声量が急激に小さくなったりという問題が生じます。

ミドルボイスの出し方

ミドルボイスの出し方(ボイトレ)

How to

  1. 喚声点付近の音程を裏声で「ほー」と発声する
  2. そのまま「あー」と発声する

ミドルボイスの出し方は、基本的にヘッドボイスと同じです。異なる点は、発声する音域くらいです。

「ほー」は息もれしやすい音。一方、「あー」は息もれしにくい音です。それぞれを発声したとき、音の響きや太さを聴き比べてみましょう。

「あー」と発声したとき、より太い音色になればミドルボイスができている証拠です。そのまま音程を上下させて、ミドルボイスに慣れましょう。

ミドルボイスを発声できるようになったら、地声から切り替える練習をします。地声とミドルボイスで、喚声点付近の音程を発声してください。

Memo

「あー」と発声しても太い音色に変わらない場合は、発声する音程を上げましょう。声帯を閉じる力が弱いと、喚声点付近の音程は難しいです。

まずは音程を上げても構わないので、ミドルボイスの感覚をつかみましょう。声帯を閉じる筋肉を鍛えるメニューは、後ほど紹介します。

ミドルボイスのコツ

ミドルボイスのコツ

Menu

  • 裏声で「ぐっ・ぐっ」と発声する
  • 裏声でハミングする
ミドルボイスのコツ(ボイトレ)【ボイトレ】脱力がカギを握る!ミドルボイス習得に向けた3つのコツ

裏声で「ぐっ・ぐっ」と発声する

ミドルボイスの発声では、声帯を閉じることが大切です。声帯が開いたままでは、いつまでも太い音色に変わりません。

ここでは、あなたが本来持っている力を前借します。試しに、裏声で「ぐっ」と発音してみてください。

太くて響きのある音がしませんでしたか?

実は、「ぐっ」と発声すると、強制的に声帯を閉じることができます。声帯を閉じる筋肉(閉鎖筋)の前借というわけです。

裏声でハミングする

人は、共鳴腔という空間を使って音色や音程を調整します。共鳴腔は、大きく分けて3つあります。

  1. 鼻腔
  2. 口腔
  3. 咽頭

高い音を発声するときは、鼻腔が重要になります。鼻に響かせるように歌うことで、キレイな高音が出せるのです。

鼻腔に響かせる感覚をつかむには、ハミングするとよいでしょう。試しに裏声でハミングすると、響きが増したことを実感できるはず。

ミドルボイスを発声するときは、鼻腔に響かせるよう心がけます。のどに頼り切った発声から抜け出すと、ミドルボイスが出しやすいですよ。

ミドルボイスを出せない人向けの練習方法

ミドルボイスを出せない人向けのボイトレ

ミドルボイスのコツを実践しても発声できなかった、という人は筋肉が足りないかもしれません。まずは土台となる筋肉を鍛えましょう。

声帯 筋肉 ボイトレメニュー
伸ばす 輪状甲状筋 息もれのある裏声
閉じる 閉鎖筋 エッジボイス

息もれのある裏声で輪状甲状筋を鍛える

声帯を引っ張る筋肉を輪状甲状筋と呼びます。息もれのある裏声は、輪状甲状筋をもっとも鍛えられる発声です。のどに負担がかからないので、安心してトレーニングできますよ。

How to

  1. 下あごを下げて、口を大きく開く
  2. 軽く息を吸い込む
  3. 息を多めにして「ほー」と裏声で発声する

口を開けるときは、下あごの骨が出っ張るくらいが丁度です。耳の前に手を当てると確認できます。もし痛みを感じるのであれば、無理しないでくださいね。

裏声は、最小限の息で発声するよう心がけます。いきなり大きな声で出そうとすると、のどや声帯を傷つけるかもしれません。

裏声は、フクロウのように「ほーほー」と発声しましょう。「ほ」は、息がもれやすい音。ほかの音よりも効率よく鍛えることができますよ。

エッジボイスで閉鎖筋を鍛える

閉鎖筋を鍛えるには、エッジボイスが最適。エッジボイスとは、呪怨のように「あ゛あ゛あ゛あ゛……」と発声する方法です。

エッジボイスを出すとき、声帯を閉じる閉鎖筋がはたらきます。肺から送られる空気は、閉じた声帯を無理やり通ろうとします。

空気が通過した際、声帯がこすれ合うことで「あ゛あ゛あ゛あ゛……」という声が出るのです。

How to

  1. 低い声を「あー」と出す
  2. 発声しながらのど仏を下げる

声を出すときは、低い、かつ出しやすい音にしてください。発声しながらのど仏を徐々に下げると、「あー」という声から「あ゛あ゛あ゛……」という声に変化したはず。

呪怨のような声が出れば、エッジボイスの完成です。声帯を閉じる感覚をつかめれば、低い音でなくともエッジボイスを発声できます。

エッジボイスのやり方と練習方法呪怨のようなエッジボイスとは?出し方と練習方法をご紹介

独学ボイトレの注意点

独学ボイトレの注意点

独学でボイストレーニングをする場合、お金が全くかかりません。防音性の高いアパートに住んでいれば、練習場所を借りる必要もありません。

しかし、独学ボイトレには、いくつかのデメリットがあります。

Warning

  • 軌道修正してくれる人がいない
  • 自分自身の声を客観的に分析できない
  • 上達に時間がかかる
  • 癖が悪化する可能性がある
  • トレーニングを続けられない

これらは、6年以上独学でボイストレーニングしてきた僕が体験したことです。一時は、のどを締める癖が悪化し、声が出ない状態が続きました。

以前の記事に、詳しくまとめています。

独学ボイトレのメリットとデメリット実は効果がない?独学ボイトレの前に知りたいメリットとデメリット

独学ボイトレは、決して成果が出ないわけではありません。正しくトレーニングすれば、少しずつ成長します。

あなたには、僕と同じ思いをしてほしくありません。下手になっては元も子もないので、くれぐれも注意してトレーニングしてください。

ミドルボイスの出し方まとめ

ミドルボイスの出し方

ここでは、ミドルボイスの出し方やコツを紹介しました。

Point

  • ミドルボイスの出し方
    • 喚声点付近の音程を「ほー」と裏声で発声する
    • そのまま「あー」と発声する
  • ミドルボイスのコツ
    • 裏声で「ぐっ・ぐっ」と発声する
    • 裏声でハミングする
  • できない人向けの練習方法
    • 息もれのある裏声で輪状甲状筋を鍛える
    • エッジボイスで閉鎖筋を鍛える

ミドルボイスが出せるようになると、あなたの表現の幅がかなり広がります。地声で苦しかった音程も、ミドルボイスがあれば余裕です。

ふだんから裏声を使っている人なら、すぐに習得できるでしょう。ミドルボイスの低音域を広げれば、ミックスボイスも夢ではありません。

一方、裏声を苦手とする人は、ミドルボイスを難しく感じるでしょう。僕も裏声をあまり使ってこなかったため、習得するまで時間がかかりました。

上達の秘訣は、毎日5分でもよいのでボイトレを続けることです。特に、輪状甲状筋や閉鎖筋のような筋肉は、日々のトレーニングが不可欠。

正しいトレーニングを積めば、誰でもミドルボイスを習得できます。隙間時間を見つけて、トレーニングに励んでください。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください