[随時更新]大学生なら出演したい全国のアカペラライブ・イベント

all a cappella lives in japan

サークル内のライブに慣れてきたら、次は外部のライブやイベントに出演したいですね。アカペラライブは全国各地で行われます。全国から人が集まるものから地域密着なものまで規模も様々。ここでは、大学生のうちに出演したいアカペラライブやイベントを紹介します。

※各イベントの動画も合わせて掲載しております。プライバシー等の理由で掲載してほしくない場合は、ページ下部のコメント欄やお問い合わせ、SNSでお知らせください。ご連絡を受け次第、動画の掲載を差し控えます。

北海道

北海道アカペラフェスティバル(ハモサツ)

2001年から開催される北海道アカペラフェスティバル、通称ハモサツ。今年で16年目に突入するハモサツは3つのコンセプトを掲げています。

  1. ストリート性の重視
  2. 誰もが応募できること
  3. アマチュアアカペラグループの活動を支援すること

第25回のハモサツからアカペラバンドの選考が、動画審査・コンテスト形式に変わりました。演奏技術が高いだけでなく、一般のお客さんが楽しめるような演奏を基準に審査されます。ハモサツ最終日にファイナルステージが用意されており、選出されたバンドの中から優勝を決めます。

東北

伊達な街四丁目アカペラストリート(伊達アカ)

2009年から開催される伊達な街四丁目アカペラストリート、通称伊達アカ。東北最大級のアカペライベントを目指すべく、地元の社会人や学生が実行委員会を組織し今に至ります。商店街と一緒になってイベントを盛り上げるというコンセプトの伊達アカは、まさにアカペラのお祭りです。

動画審査により当日の出場が決まります。審査に通過したら東軍・西軍に割り振られます。最終日にはクライマックス・ステージが設けられ、選出されたバンドは優勝を争います。

関東

JAM(Japan A cappella Movement)

日本最大級のアカペライベントJAMは、1999年から開催されています。日本最大級の名に恥じることなく、古今東西の学生・社会人アカペラバンドが集まります。例年2000人以上の観客が集まるJAMは、誰もが出たい夢のステージです。

オーディションは、音源のみの一次審査と実演する二次審査のふたつです。これらのオーディションを勝ち抜くと、見事出演が決まります。当日は本選と決勝ステージの二部構成です。決勝ステージの審査のもとBest of JAMが決まります。

ソラマチアカペラストリート

世界一の高さを誇る東京スカイツリーのもとで行われるソラマチアカペラストリート。第一回は2011年と、かなり若いアカペライベントです。オーディションは動画審査で行われます。およそ400組のアカペラバンドが選出されるものの、応募数も年々増えているため競争率が高くなっています。

アカペラ公園

1997年から神奈川で開催されるアカペラ公園。アカペラであればだれでも出演できるうえ、オーディションもないため気軽に参加できるイベントです。バンドの出演枠も100以上用意されています。応募が定員を超えた場合は抽選で決めます。イベント終了後には打ち上げもありますので、交流を広げるチャンスです。

50Fes

全国から200以上のアカペラサークルと豪華ゲストが集結する50Fes。「誰もがワクワクすることをしよう。」をコンセプトに2011年から開催されるアカペラのお祭りです。50Fesの一番の特徴は、サークル単位で行われるサークルライブです。各アカペラサークルは決められた時間の中で思い思いのパフォーマンスをします。サークルライブ以外にもゲストライブやミスコン、ワークショップなどイベントが盛りだくさん。

TAKE IT EASY!

「だれもが気軽に観れる、出れるライブ」をコンセプトに全国7ヶ所(北海道・宮城・東京・愛知・大阪・中国・福岡)を拠点にライブを企画するTAKE IT EASY!。現在はA cappella Spirits!(アカスピ)と呼ばれるアカペラの全国大会を企画しています。

水戸アカペラフェスティバル

水戸アカペラフェスティバルは、水戸市内にある芸術館で開催されます。くねくねした塔が目印ですね。どちらかと言えば地域密着なイベントなため、茨城県やお隣の栃木県から出演するバンドが多いです。

ALTo

ALTo(A cappella Live in Tochigi)は2010年から栃木県で開催されるアカペライベントです。年に一回だけではなく、複数回開催されることが特徴です。

上州あかぺら市場

歌う感動・創る感動・聴く感動をモットーに群馬県で開催される上州あかぺら市場。県内外問わず、たくさんのアカペラバンドが参加します。ライブのトリにはゲストを迎えることもしばしば。

中部

名古屋アカペラフェスティバル

2002年から開催される春の野外アカペライベント、名古屋アカペラフェスティバル(FAN)。野外ということもあり、お客さんの入りがすごいですね。

上越アカペラステーション

新潟県で行われる上越アカペラステーション。2016年2月に第一回が開催されており、もっとも若いアカペライベントではないでしょうか。北陸新幹線の開通により交通の便がよくなったため、全国各地からアカペラバンドが集います。

金沢アカペラ・タウン

「すべての人のアカペラを」をテーマにする金沢アカペラ・タウン。期間中は、金沢市内中心部各所でストリートライブを行う大規模なイベントです。ストリートライブのほか、アカペラ・コンクールやイベントの締めであるファイナルステージと、盛り上がるイベントが盛りだくさん。募集枠が超えた場合、音源審査があります。今年は、曲のジャンルを限定した企画枠をつくるとのこと。

甲州アカペラサミット

富士山が世界遺産に登録された日(2013年6月22日)に第一回が開催された甲州アカペラサミット。「山梨アカペラ界を社会人と学生の垣根を越えてさらに盛り上げたい」というコンセプトで企画されました。イベントは、富士山のふもとにある河口湖周辺で行われます。野外ライブのほかに、コンテストステージも用意されています。

静岡アカペラ横丁

「静岡発の全国に向けたアカペライベント」を目指して2003年から開催される静岡アカペラ横丁。イベント会場は、きれいな海辺が見える商業施設。子供からお年寄りまで幅広い世代が訪れる施設であるため、たくさんのお客さんが集まります。

近畿

KAJa!(Kansai A cappella Jamboree!)

JAMと双璧をなす日本最大級のアカペライベントKAJa!(Kansai A cappella Jamboree!)。全国から選抜されたアマチュア・プロアカペラグループのライブを見るために、3000人以上の観客が押し寄せます。今年で20回目を迎えたKAJa!は、1998年から開催される歴史あるアカペライベントです。JAMと同じく、オーディションは一次審査と二次審査があります。激戦のオーディションを勝ち抜くと本選出場。

九州

九州アカペラコンサート

九州で開催されるイベント、九州アカペラコンサート。当日は、予選を勝ち抜いた学生アカペラバンドとスペシャルゲストがライブを行います。予選は、YouTubeにあげた動画で審査されるとのこと。

まとめ

ここでは、全国各地で行われるアカペラライブ・イベントをまとめました。

Point

  • 北海道アカペラフェスティバル(ハモサツ)
  • 伊達な街四丁目アカペラストリート(伊達アカ)
  • JAM(Japan A cappella Movement)
  • ソラマチアカペラストリート
  • アカペラ公園
  • 50Fes
  • TAKE IT EASY
  • 水戸アカペラフェスティバル
  • ALTo
  • 上州あかぺら市場
  • 名古屋アカペラフェスティバル
  • 上越アカペラステーション
  • 金沢アカペラ・タウン
  • 甲州アカペラサミット
  • 静岡アカペラ横丁
  • KAJa!(Kansai A cappella Jamboree!)
  • 九州アカペラコンサート

こうして見ると、やはり東京が多いですね。大学も多いことから、アカペラライブも積極的に行われています。アカペラライブは上のような大規模なライブだけでなく、ライブハウスで行われる箱ライブもあります。箱ライブならではの楽しさもあるので、機会があればぜひ出演してください。

ここで取り扱ったイベント以外にも、各地で開催されるアカペラライブがあるかもしれません。掲載してほしいアカペラライブ・イベントがありましたら、コメント欄やSNSなどでお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください