リップロールの効果とは?手軽にボイトレできるやり方と練習方法

リップロール

リップロールは、誰でも気軽に実践できるボイストレーニングのひとつです。唇をぶるぶる震わせるだけで、肺圧を最適化できます。

その手軽さと効果の大きさから、プロの歌手も実践するボイストレーニングとして知られています。

ここでは、リップロールの効果とやり方、練習方法をまとめて紹介します。すぐに実践できるものばかりなので、ぜひ参考にしてください。

リップロールの効果

  • 適切な息の量が身につく
  • 声帯や表情筋をリラックスさせる
  • お腹まわりの筋肉を活性化させる

適切な息の量が身につく

リップロールの一番の特徴は、呼気圧、肺圧の最適化にあります。言い換えると、息の吐く量、強さを一定にできるということです。

歌っていると声がつまってしまう、息が続かずフレーズの途中で息継ぎをしてしまう、などの経験はありませんか?

原因は、吐く息の量を調整できてないことです。息の量が多すぎても少なすぎても、思うように歌えません。

リップロールでは、吐く息の量を一定にすることで唇が振動します。繰り返し練習することで最適な息の量が自然に身につく、というわけですね。

声帯や表情筋をリラックスさせる

豊かな発声には、声帯や表情筋の力を抜かなければなりません。ガチガチに緊張していては、声が震えたり思わぬところで裏返ったりします。

リップロールには、歌に必要な筋肉をリラックスさせる効果もあります。実践するとわかるように、余計な力が入っていてはリップロールをすることもままなりません。

リップロールを練習することで、歌に必要な脱力も体に覚えさせることができるのです。

お腹まわりの筋肉を活性化させる

リップロールをするとき、腹式呼吸により空気が運ばれます。お腹に手を当てると、吐く息の量に合わせて縮んでいくのがわかりますね。

一定量の空気を送るため、横隔膜やお腹まわりのインナーマッスルが働きます。空気の運び屋である呼吸を整えることは、歌に必要な筋肉にも作用するのです。

リップロールのやり方

  1. 唇を湿らす
  2. 唇を前に突き出して軽く閉じる
  3. 息を吐いて唇を「ぶるぶる」と鳴らす

リップロールの前に、水を飲むなどして唇を湿らせてください。唇が乾燥しては、思うように振動しないので注意しましょう。

下唇で上唇を持ち上げるようイメージで口を閉じます。閉じる力が強すぎても弱すぎても振動しないので、力加減を調整しながら練習しましょう。

リップロールが一瞬しかできないという人は、吐く息の量が多いかもしれません。息を吐くときは、一定になるよう心がけてくださいね。

しげ

リップロールをするときは、息だけでも声を混ぜながらでも問題ないよ。僕の体感としては、声を混ぜると負荷が大きくなる印象かな。「うー」の発音が、一番やりやすいよ。
Memo

できない人は、唇の両端を指で引っ張ってください。唇が張るので、振動しやすくなります。まずは指で補助しながら、リップロールの感覚をつかみましょう。

リップロールの練習方法

  • 10秒間リップロールを続ける
  • リップロールで音階練習をする
  • リップロールで地声から裏声へ切り替える
  • リップロールで曲を歌う

10秒間リップロールを続ける

ロングブレスの要領でリップロールを練習します。まずは、10秒をひとつの目安にしましょう。安定してきたら、20秒、30秒と増やしてください。

しげ

唇が震える最小限の量を見つけると、一気に記録が伸びるよ。

リップロールで音階練習をする

音に合わせてリップロールをすることで、各音程の最適な呼気圧が見つかります。高音になるほど声を張りがち、という人にオススメの練習です。

あなたの音域に合わせて、ピアノやキーボードを「ぽーん」と鳴らします。ピアノやキーボードはアプリで構いません。鳴った音に合わせてリップロールをするという簡単トレーニングです。

しげ

発声しやすい息の量が身につくだけじゃなく、音感も鍛えられる一石二鳥のトレーニングだね。

リップロールで地声から裏声に切り替える

地声から裏声に切り替えると声量が急に小さくなる、音が外れてしまうという経験はありませんか?

地声から裏声に切り替える音程を喚声点と呼びます。喚声点を克服しなければ、思うように発声できないですよね。

リップロールをしながら地声と裏声を切り替えることで、喚声点でも歌いやすい発声を体に覚えさせます。

しげ

ミックスボイスの習得にも役立つから長い目で見て練習しよう。

リップロールで曲を歌う

最後は、より実践に近いトレーニングをご紹介。リップロールで曲を歌うというものです。息の量が自動で調整されるので、いつも以上に歌いやすいですよ。

練習に使う曲は、どんな曲でも構いません。あなたの好きな曲や現在練習している曲、苦手なジャンルの曲など様々な曲に挑戦してください。

バラードとアップテンポな曲を比べると、フレーズの長さやブレスの間隔などが、まったく異なりますね。ここでは、その曲に必要な呼気圧が自然に身につけることができます。

ポイントは、ひとつのフレーズをリップロールで歌いきること。フレーズの途中で切れるよなら、息の量が最適ではありません。調整しながら、歌いやすい息の量を見つけましょう。

まとめ

ここでは、リップロールのやり方や練習方法を紹介しました。

  • リップロールの効果
    • 適切な息の量が身につく
    • 声帯や表情筋をリラックスさせる
    • お腹まわりの筋肉を活性化させる
  • リップロールのやり方
    • 唇を湿らす
    • 唇を前に突き出して軽く閉じる
    • 息を吐いて唇を「ぶるぶる」と鳴らす
  • リップロールの練習方法
    • 10秒間リップロールを続ける
    • リップロールで音階練習をする
    • リップロールで地声から裏声へ切り替える
    • リップロールで曲を歌う

リップロールは、手軽さと効果の大きさからたくさんの人が愛用するボイストレーニングです。唇をぶるぶると鳴らすだけなので、アパートでも安心して練習できます。

息は声のエネルギー源です。呼吸を整えることは、正しい発声につながります。1週間も続ければ、歌いやすさを実感できますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください