初心者こそオススメ!歌が格段に上手くなる5つのボイストレーニング

lead vocal tips

あなたは歌が上手くなるためにどのような練習をしてますか?

歌が上手くなるには、たくさんの技術が必要です。しかし、抑揚をつければいいんだよ、もっと感情を込めて歌いな、などのようなアドバイスをもらっても具体的に何を練習すればよいかわかりません。

そんな悩みを解決するために、歌が上達する練習術を紹介します。

腹式呼吸を身につける

歌の上達には腹式呼吸が必要不可欠。歌っていると息苦しくなったり、息を吸うとき肩が上がってしまう場合は、腹式呼吸ができてません。腹式呼吸を身につけるには、次の練習が効果的です。

Point

  1. 肺の中を空にする勢いで息を吐き切る
  2. 5秒間息を止める
  3. 力を抜いて肺に空気を送る

おなかを使って呼吸をするときは、肺の空気を吐き切る必要があります。「しーっ」と鋭く息を吐いてください。息を止めた後は、脱力することで自然に空気が入ってきます。もし自然に空気が入ってこなければ、息を吐き切れてません。手でおなかを押すなどして、息を吐き切ってください。

Tips

腹式呼吸を鍛えるには、1分間連続で息を吐き続ける練習が効果的です。「ふっ・ふっ・ふっ・ふっ・ふっ…」と小刻みに息を吐きます。ここでは、息を吐くことしかしてはいけません。腹式呼吸ができていれば、息を吐いた直後に空気が入ってきます。もしできなければ、基本を身につけてから挑みましょう。

のど閉め発声を治す

高音になると苦しそうな声になる、長時間歌うとのどが痛くなる人は、のど閉め発声になってます。のど閉め発声は、のどを痛める原因にもなるため早急に治す必要があります。のど閉め発声を改善するには、La-ga, Ya-ga発声がおすすめです。

エリック兄さんの愛称で親しまれるアメリカのボイストレーニング講師Eric Arceneaux。彼が実践するLa-ga, Ya-ga発声は、のど閉め発声改善のほかに舌のトレーニングやウォーミングアップアップにも最適です。

Tips

動画にもあるように、発声する際は舌を使うよう心がけます。慣れないうちは手を顎に添えることで、顎が動かないよう意識してください。顎を固定することで、舌が使いやすくなります。

子音の発音を練習する

子音の中でもカ行・サ行・タ行・ハ行の音は、ほかの子音に比べて音が埋もれがちです。特に歯擦音であるサ行は、意識して歌わなければバックにかき消されます。歌詞をハッキリと発音するためにも、子音の音は欠かせません。子音の発音は、次の練習で鍛えることができます。

Point

  1. 「かっ・かっ・かっ・かっ・かー」とリズムよく発音する
  2. 1をカ行の音すべて(かきくけこ)で練習する
  3. 1~2をサ行・タ行・ハ行の音で練習する

カ行の音(かきくけこ)で終わったらサ行の音(さしすせそ)へ。ハ行まで練習することで、つぶれやすい子音を網羅することができます。子音は息だけで発音するように心がけましょう。最後の音は一拍分伸ばすとテンポよく歌えます。

Tips

慣れてきたら音に合わせて発音しましょう。音はなんでも構いません。あなたが歌いやすい音をピアノやキーボードで弾きながら歌います。ボイストレーニングでも取り入れられる練習方法ですので、ぜひ実践してください。

歌い終わりの音を安定させる

ひとつのフレーズを歌うとき、歌い終わりである最後の音は不安定になりがちです。譜面通りに音を伸ばせなかったり、音程が下がったりすると気持ちよく聴こえません。歌い終わりの音を安定させることは、歌全体の完成度を上げることにつながります。歌い終わりを安定させるには、部分練習がおすすめです。やり方は以下の通り。

Point

  1. 音程が安定しないフレーズを抜き出す
  2. 抜き出したフレーズを歌う
  3. フレーズの最後の音を伸ばす
  4. ピアノで正しい音程を弾いて、伸ばしている音が合ってるか確認する

正しい音程と比べる練習が確実です。最後の音だけでなく途中の音が不安な場合でも、ピアノを使って確認すれば問題ありません。フレーズをひとつずつ徹底的に練習することで、音を安定させていきます。

Tips

苦手なフレーズをすべて練習したなら、一曲通して歌って確認してください。通しで歌うと安定しない場合は、腹式呼吸が身についてなかったりブレスのタイミングが適切でないことが原因です。腹式呼吸を鍛える、息苦しくならないブレスのタイミングを探すなどして改善しましょう。

息の量を調整する

歌声は、肺から送り出される息がエネルギー源です。常に100%の力で息を送り出していては、曲に抑揚や強弱がつきません。これらを表現する方法のひとつに、息の量を調整する技術があります。

Aメロ・Bメロでは50%の量、サビでは80%の量で息を送り出すと曲に抑揚や強弱が生まれます。起承転結を意識しながら歌詞を読み取ることで、曲の盛り上がりや聴かせどころが見えてきます。それらに合わせて息を調整することで、表現の幅がグッと増えますよ。

Tips

息の量を調整するほか、息の出し方を調整する技術もあります。やわらかい音で歌うときは、「はーっ」とかじかんだ手を温めるように息を吐く。鋭い音で歌うときは、「ふーっ」と熱いものを冷ますように息を吐く。これらを使い分けるだけでも、表現力が身につきます。

まとめ

ここでは、歌が上達する練習方法を紹介しました。

Point

  1. 腹式呼吸を身につける
  2. のど締め発声を治す
  3. 子音の発音を練習する
  4. 歌い終わりの音程を安定させる
  5. 息の量を調節する

特に重要なことは、腹式呼吸の習得とのど締め発声の改善です。一晩で身につくことではありませんが、一度体が覚えてしまえば忘れることのない技術です。しっかり練習して今後の音楽活動を充実させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください