ひとりアカペラをつくるためのDTM機材を全部まとめて公開する

a cappella multi track gadgets

前回、ひとりアカペラ・多重録音に必要な機材を紹介しました。記事に目を通すと、何が必要なのかざっくりと理解できるはずです。でも、具体的にどのような機材があるのかわからない。そんな声にお応えして、僕たちがふだん使ってる機材を紹介します。ひとつの例として参考にしてください。

僕たちが使っている機材

a cappella multi track tools

YouTubeにアップしているアカペラはこのような機材でつくっています。こう見るとコンパクトに収まりますね。写真にない機材についても、詳しく紹介していきます。

PC:XPS13

Dell XPS 13

画像出典:Amazon

PCには、DELLのXPS13を使っています。以前はBTOパソコンを使っていましたが、最近はもっぱらXPS13で録音します。小型のノートPCが好きなので、11インチのXPS13には大満足です。DAWやプラグインをストレスなく動かすために、だいぶ奮発しましたが後悔していません。見た目もきれいなので、オススメな一台ですよ。

詳しく見る

DAW:Live 9 Suit

ableton live 9

Ableton Live 9

Ableton Liveを使う一番の理由は、ライブパフォーマンスに特化したDAWだからです。Liveには、Looperと呼ばれるループステーションのようなパフォーマンスができるエフェクトがあります。これさえあれば、ループカバーもお手の物。例えば、こんな感じ。

Suitは最上位版なので高価格ですが、学生であれば40%も割引されたアカデミック版が買えます。せっかく買うのであれば一番よいものを、ということもあり学生のときに買いました。

しげ

学生のうちに買うべし

詳しく見る

プラグインソフト:Ozone 7, Neutron

Ozone 7

Ozone 7(iZotope)

neutron

Neutron(iZotope)

ミキシング・マスタリングソフトで定番のiZotopeが開発するソフトウェアです。DTMの経験が浅いので、ミキシング・マスタリングには今でも苦労しています。思ったような音が作れなかったり音圧が稼げなかったりと、編集作業にストレスを感じていました。

以前よりも作業がはかどるようになったのは、Ozone 7とNeutronのおかげです。これらのソフトウェアにはプロのエンジニアが設計したプリセットが豊富にあります。プリセットを使えば、僕でもそれっぽい音ができあがるというわけです。まだまだ勉強しなければなりませんが、あるのとないのとでは段違いです。買ってよかったと思えるソフトのひとつです。

詳しく見る

オーディオI/F:DUO-CAPTURE EX UA-22

DUO-CAPTURE

画像出典:Amazon

初めてのDTMでは定番、Rolandが開発するDUO-CAPTURE EXです。上位機種にQUAD-CAPTUREやOCTA-CAPTUREがあります。DTMの知識が皆無だったころ、ネットで情報収集しながら商品を吟味していたことを懐かしく思います。

2系統のマイクプリアンプを装備しているほか、+48Vのファンタム電源も搭載しています。コネクターを買えば、iPadでも録音できる優れものです。先にも書いたように、Live liteもついてきます。価格も13,000円ほどなので良心的。今でも愛用している逸品です。

詳しく見る

recommend audio interfaceひとりアカペラ・多重録音にオススメなオーディオインターフェース3選

コンデンサーマイク:KSM42SG

KSM42SG(SHURE)

KSM42SG(SHURE)

SM58から一気にランクアップして、SHUREのコンデンサーマイクKSM42SGを買いました。10万円以上するマイクであるため、注文してから届くまでは期待と不安で胸がいっぱいでした。

録音した音源は、よい意味で期待を裏切ってくれます。ダイナミックマイクの近接効果も相まって、SM58では高音域がきれいに録音できませんでした。KSM42SGは平坦な周波数特性なので、高音もしっかりと拾ってくれます。音の粒も非常に細かいので、音質もかなり改善されました。一度使えばダイナミックマイクには戻れません。買って損はないと言い切れる一本です。

詳しく見る

recommend microphoneもう迷わない!ひとりアカペラ・多重録音にオススメなマイク11選

マイクケーブル:BELDEN 8423

ファンタム電源用マイクケーブル

画像出典:Amazon

コンデンサーマイクを買うにあたって、ファンタム電源用のケーブルも合わせて買わなければなりません。そこで出会ったケーブルが、BELDEN 8423。

録音した音は電気信号に変換され、マイクケーブルを通ってオーディオI/Fに入ります。電気信号の性質上、ケーブルの種類によってノイズが乗ったり損失することもありえます。BELDEN 8423はノイズを削減、ファンタム電源を傷つけない設計がされているため、プロの現場でも愛用される一本です。

詳しく見る

リフレクションフィルター:Reflexion Filter Pro

Reflexion Filter Pro

Reflexion Filter Pro(sE Electronics)

優れたリフレクションフィルターを開発するsE Electronics。リフレクションフィルターには、同社のReflexion Filter Proを使っています。使う前は性能を疑っていました。値段も25,000円以上するので、安い買い物ではありません。

しげ

たかだかフィルターひとつで改善されんの?

リフレクションフィルターを使って録音すると、疑問が一気に晴れます。リバーブをかけたような音から、余計な反射音が消えました。吸音性能の高さに、驚きを隠せません。コンデンサーマイク同様、一度使ったら戻れない商品です。ダイナミックマイクでも効果が実感できます。あなたもリフレクションフィルターを導入して、簡易レコーディングスタジオをつくりましょう。

詳しく見る

マイクスタンド:ブームマイクスタンド

microphone stand

ブームマイクスタンド(TAMA)

リフレクションフィルターを使うのであれば、土台がしっかりしたマイクスタンドが必要です。多くのリフレクションフィルターはけっこうな重さです。これに加えてコンデンサーマイクも乗るわけですから、耐久性がなければなりません。

TAMAのマイクスタンドは、しっかりとした安定感でマイクとフィルターを支えてくれます。各パーツがずれないように作りこまれていることも魅力のひとつです。劣化も少ないので、TAMAのマイクスタンドを一本持っておくと重宝しますよ。

詳しく見る

モニターヘッドホン:MDR-CD900ST

モニターヘッドホン

画像出典:Amazon

モニターヘッドホンには、SONYのMDR-CD900STを使っています。定番中の定番ですね。プロの現場にも必ずひとつあるほど、その品質は保証されています。

耳を包み込む設計は、細かな音まで聴きこむための環境をつくってくれます。平坦な周波数特性を持つため、低い音から高い音まで詳細に伝わってきます。定位も非常にわかりやすいです。現場で重宝されるのもうなずけます。モニターヘッドホンで悩むのであれば、とりあえずMDR-CD900STを買っておけば間違いありません。

詳しく見る

まとめ

僕たちがふだん使う機材を改めてまとめます。

機材 名称 メーカー
PC XPS13 DELL
DAW Live 9 Suit Ableton
プラグイン Ozone 7, Neutron iZotope
オーディオI/F DUO-CAPTURE EX UA-22 Roland
コンデンサーマイク KSM42SG SHURE
マイクケーブル BELDEN 8423 BELDEN
マイクスタンド ブームスタンドマイク TAMA
リフレクションフィルター Reflexion Filter Pro sE Electronics
モニターヘッドフォン MDR-CD900ST SONY

これらの中から、誰にでもおすすめできる機材は、次の5つです。

Recommend

  • Ozone 7 Advansed, Neutron Advansed(iZotope)
  • DUO-CAPTURE EX UA-22(Roland)
  • KSM42SG(SHURE)
  • Reflexion Filter Pro(sE Electronics)
  • MDR-CD900ST(SONY)

音質にこだわるのであれば、コンデンサーマイクは絶対に買うべきです。価格が悩ましいものの、一度使えば病みつきになる音質であることを保証します。値段が控えめ、かつ音質のよいコンデンサーマイクは、NT1A(RODE)AT4040(audio-technica)C214(AKG)あたりでしょうか。

ちなみに、僕たちが次にほしいコンデンサーマイクは、C414 XLII(AKG)です。音質もさることながら見た目が美しいです。その美しさからたくさんの人を魅了してきたことが、容易に想像できますね。あなたもこだわりの機材を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください