裏声(ファルセット)とは?簡単にできるキレイな裏声の出し方とコツ

裏声

裏声は、音域の高い曲を歌うために必須の発声方法です。地声よりも楽に発声できるため、のどに負担もかかりません。

しかし、裏声が出せないという人もいるのではないでしょうか。特に、男性は裏声に苦手意識を持つ傾向があります。

ここでは、キレイな裏声の出し方とコツを紹介します。ぜひ参考にしてください。

※0円のボイストレーニング教室という近道

最近はボイストレーニング教室が増えているため、裏声を出すにはBeeミュージックスクールのほうが早いかもしれません。

Beeミュージックスクールには無料体験レッスンがあります。かく言う僕も、無料体験レッスンで歌声の悩みが解決しました。

あなたひとりであれこれ悩むよりも、Beeミュージックスクールの無料体験を利用するほうが近道かもしれませんよ。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

裏声とは

裏声とは、話し声(地声)よりも高くて細い声のことです。言葉で説明するよりも、実際に聞くと想像しやすいでしょう。

動画を見るとわかるように、地声とはまったく異なる音色でしたね。プロの歌手は、裏声を使いこなしながら音域の高い曲を歌います。

では、もう少し詳しく見ていきましょう。人には地声と裏声、ふたつの声があります。これらの声は、声帯を調整することで発声されます。

Memo

声帯とは、のどの中にある二枚のヒダです。肺から送られた空気が声帯にぶつかることで、声の源である音(喉頭原音)が生まれます。

地声と裏声、それぞれの声帯の違いを表にまとめました。

  声帯の伸び 声帯の開き
地声 伸びていない 閉じている
裏声 伸びている 開いている

声帯が閉じているとハッキリした音を、声帯が伸びていると高い音を発声できます。

裏声が細く聞こえるのは、声帯が閉じていないからです。声帯が閉じていない分、息から声に変換される効率が悪くなっているわけです。

実は、裏声にもファルセットとヘッドボイス、ふたつの種類があります。先ほど説明した細い裏声は、ファルセットにあたります。

  息もれ 声帯の開き
ファルセット もれている 開いている
ヘッドボイス もれていない 閉じている

ヘッドボイスとは、声帯を閉じることで息もれをなくした裏声のことです。米良美一さんの「もののけ姫」は、ヘッドボイスのよい見本ですね。

訓練次第では、声帯を伸ばしながら閉じることが可能です。声帯を閉じる筋肉を鍛えれば、ヘッドボイスが完成します。

キレイな裏声の出し方

ここでは、ふたつの裏声のうちファルセットを練習します。ファルセットは、ヘッドボイスの基本となる発声です。誰でもすぐに発声できるので、ぜひ実践してください。

動物の鳴きまねをする

  • フクロウのように「ほーほー」と鳴く
  • オオカミのように「あおーん」と鳴く

動物の鳴きまねは、裏声を一瞬で出す方法です。実践するとわかるように、裏声をあっさり出せますよね。

鳴きまねをするときは、響かせることを意識します。どのようにしたら音が響くのか試行錯誤することで、裏声に適した口やのどが自然と身につきますよ。

息もれのある裏声を出す

裏声の感覚をつかんだら、実戦形式の練習に入ります。

  1. 下あごを下げて、口を大きく開く
  2. 軽く息を吸い込む
  3. 息を多めにして裏声を出す

口を開けるときは、下あごの骨が出っ張るくらいが丁度です。耳の前に手を当てると確認できます。もし痛みを感じるのであれば、無理しないでくださいね。

裏声は、最小限の息で発声するよう心がけます。いきなり大きな声で出そうとすると、のどや声帯を傷つけるかもしれません。

「うー」や「おー」と発音すると、息がもれやすいです。動物の鳴きまねでも、母音が「お」でしたね。

息もれのある裏声は、声帯を伸ばす筋肉である輪状甲状筋を鍛えられます。輪状甲状筋は、高音発声に欠かせない筋肉。鍛えれば裏声だけじゃなく、地声の音域も広がりますよ。

裏声のコツ

  • 下っ腹を前に突き出す
  • 裏声でハミングする

下っ腹を前に突き出す

腹式呼吸では、肺の下にある横隔膜が下がります。すると、横隔膜に押された下っ腹が前につき出るわけです。

息は声のエネルギー源。キレイな裏声を出すには、呼吸から整えなければなりません。

息を吸うときに肩や胸が上がる人は、腹式呼吸ができていません。思い当たる人は、裏声と並行して腹式呼吸の練習をしてください。

腹式呼吸のやり方と練習方法誰でも一瞬で腹式呼吸ができる簡単なやり方と3つの練習方法 腹式呼吸横隔膜を活性化!腹式呼吸と肺活量を鍛えるボイストレーニング

裏声でハミングする

人は、共鳴腔と呼ばれる空間を使って、音程や音色を調整します。共鳴腔の中でも、高音発声に欠かせないのが鼻腔です。

鼻腔は、読んで字のごとく鼻の奥にある空間です。裏声を鼻腔に響かせると、これまで以上にキレイな音が鳴ります。

練習方法はいたってシンプル。裏声でハミングするだけです。ハミングしたとき鼻に振動を感じれば、音が鼻腔に共鳴してます。

ピアノやキーボードを「ぽーん」と鳴らして一緒に歌うもよし。好きな曲をハミングで歌うもよし。鼻腔を使いこなして、美しい裏声を手に入れましょう。

まとめ

ここでは、裏声の出し方とコツを紹介しました。

  • キレイな裏声の出し方
    • 動物の鳴きまねをする
    • 息もれのある裏声を出す
  • 裏声のコツ
    • 下っ腹を前に突き出す
    • 裏声でハミングする

裏声は、誰でも一瞬で発声することができます。裏声をまったく出せない友人も、ここで紹介した練習を試したところ、すぐに発声できました。

あなたも裏声を取り入れて、好きな曲をたくさん歌ってください。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください