息もれがポイント!裏声(ファルセット)を鍛える5つのボイトレ

裏声

裏声は、高い曲を歌うために必須の発声方法です。地声とは異なる音色や響きのため、裏声を出せると表現の幅が広がります。

一方、歌の中で裏声を使いこなせないという人もいるのではないでしょうか?

裏声を鍛えてなければ、声量が小さかったり、声がかすれたりします。せっかく裏声を出せるのに、使い物にならなければ意味がありません。

ここでは、裏声を抜群に鍛えるボイストレーニングを紹介します。トレーニングを続ければヘッドボイスも習得できるので、ぜひ参考にしてください。

※0円のボイストレーニング教室という近道

最近はボイストレーニング教室が増えているため、裏声を鍛えるならBeeミュージックスクールのほうが早いかもしれません。

Beeミュージックスクールには無料体験レッスンがあります。かく言う僕も、無料体験レッスンのおかげで歌声の悩みが解決しました。

地道に独学ボイトレに励むよりも、Beeミュージックスクールの無料体験を利用するほうが近道かもしれませんよ。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

腹式呼吸を身につける

息は、声のエネルギー源。肺から空気を十分に送り込まなければ、よい発声はできません。裏声は、地声よりも息の消費が激しいので、呼吸から整える必要があります。

腹式呼吸は、横隔膜を使った呼吸法です。胸式呼吸よりもたくさんの空気を運べるので、歌に必須の技術と言えます。

Memo

まずは、あなたが腹式呼吸か胸式呼吸か確認しましょう。鏡の前で好きな曲をワンフレーズ歌ってください。

呼吸に合わせてお腹が膨らんだり縮んだりする人は、腹式呼吸ができてます。一方、呼吸するときに肩や胸が上がると胸式呼吸です。

胸式呼吸の人は、次のトレーニングを実践して腹式呼吸を習得しましょう。

  1. 手をおへその上に置く
  2. 大きく息を吸い込む
  3. 肺を空気でいっぱいにする
  4. 息を吐きだす

以上が、腹式呼吸の基本動作です。息を吸い込むときは、鼻から吸うようにしてください。

吸い込んだ息で、肺の中を空気で満たしましょう。風船をイメージすると、呼吸しやすいですよ。お腹の中にある風船を、腹式呼吸で膨らませてあげます。

風船が十分に膨らんだら、空気を吐き出します。力を抜くと同時に、空気がもれていくイメージです。体が力むと思うように呼吸できないので気をつけましょう。

腹式呼吸については、以前の記事で詳しく紹介してます。呼吸を見直したいという人は、参考にしてください。

腹式呼吸のやり方と練習方法誰でも一瞬で腹式呼吸ができる簡単なやり方と3つの練習方法 腹式呼吸横隔膜を活性化!腹式呼吸と肺活量を鍛えるボイストレーニング

息もれのある裏声を出す

裏声や高い声を出すには、のどの中にある声帯を引っ張らなければなりません。ギターの弦をイメージするとよいでしょう。声帯をピンと張るほど、より高い音が出ます。

声帯を引っ張る筋肉を、輪状甲状筋と呼びます。裏声を太くするには、輪状甲状筋を鍛えなければなりません。

息もれのある裏声は、輪状甲状筋をもっとも鍛えることのできる発声方法です。息もれのない裏声よりも、のどに負担がかからないので、安心してトレーニングできますよ。

  1. 下あごを下げて、口を大きく開く
  2. 軽く息を吸い込む
  3. 息を多めにして「ほー」と裏声で発声する

口を開けるときは、下あごの骨が出っ張るくらいが丁度です。耳の前に手を当てると確認できます。もし痛みを感じるのであれば、無理しないでくださいね。

裏声は、最小限の息で発声するよう心がけます。いきなり大きな声で出そうとすると、のどや声帯を傷つけるかもしれません。

裏声は、フクロウのように「ほーほー」と発声しましょう。「ほ」は、息もれしやすい音。ほかの音よりも効率よく鍛えることができますよ。

閉鎖筋を鍛える

閉鎖筋とは、声帯を閉鎖させる筋肉です。ふつうの裏声は、声帯を開いたまま発声します。声帯が開くと、その分息をたくさん消費。結果、地声よりも細い音色になるのです。

しかし、声帯を閉じたまま裏声が出せると、太く響きのある音色へ変わります。太い裏声を出せれば、今までよりも迫力が増すこと間違いなし。

閉鎖筋は、エッジボイスで鍛えられます。エッジボイスとは、呪怨のように「あ゛あ゛あ゛あ゛……」と発声する方法です。ボーカルフライとも呼ばれます。

エッジボイスは、たった2つのステップだけで発声できます。

  1. 低い声を「あー」と出す
  2. 発声しながらのど仏を下げる

声を出すときは、低い、かつ出しやすい音にしてください。発声しながらのど仏を徐々に下げると、「あー」という声から「あ゛あ゛あ゛……」という声に変化したはず。

呪怨のような声が出れば、エッジボイスの完成です。声帯を閉じる感覚をつかめれば、低い音でなくともエッジボイスを発声できます。

以前の記事にエッジボイスのトレーニングを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

エッジボイスのやり方と練習方法呪怨のようなエッジボイスとは?出し方と練習方法をご紹介

裏声で単音を歌う

裏声を歌へ応用するためには、各音程を安定して発声できなければなりません。ここでは、裏声の音域内の音を地道に発声する、という練習をします。

  1. ピアノやキーボードで単音を弾く
  2. 音に合わせて裏声を発声する

まずは、10秒を目安に発声しましょう。慣れてきたら、15秒、20秒と増やします。息苦しさを感じるのであれば、腹式呼吸や閉鎖筋を鍛えると改善できますよ。

Memo

裏声の低音域を重点的に練習してください。裏声で低い音を歌うのは、難易度が高いです。声がかすれるため、声量も足りません。

しかし、裏声で低音域を出せれば、グッと楽に歌うことができます。練習するほど声が太くなるので、地声のような響きに変化します。

ゆくゆくはミドルボイスの発声に役立つので、練習する価値あり。

裏声でハミングする

人は、共鳴腔と呼ばれる空間を使って、音程や音色を調整します。共鳴腔の中でも、高音発声に欠かせないのが鼻腔です。

鼻腔は、読んで字のごとく鼻の奥にある空間です。裏声を鼻腔に響かせると、これまで以上にキレイな音が鳴ります。

練習方法はいたってシンプル。裏声でハミングするだけです。ハミングしたとき鼻に振動を感じれば、音が鼻腔に共鳴してます。

ピアノやキーボードを「ぽーん」と鳴らして一緒に歌うもよし。好きな曲をハミングで歌うもよし。鼻腔を使いこなして、美しい裏声を手に入れましょう。

まとめ

ここでは、裏声を抜群に鍛えるトレーニングメニューを紹介しました。

  • 腹式呼吸を身につける
  • 息もれのある裏声を出す
  • 閉鎖筋を鍛える
  • 裏声で単音を歌う
  • 裏声でハミングする

裏声を太くするには、呼吸や筋肉から見直さなければなりません。特に輪状甲状筋は、裏声に欠かせない筋肉です。

裏声の音域がせまい、裏声を出すとのどが閉まるという人は、輪状甲状筋を鍛えるとかなり改善されるはず。地声の音域も広がるので、一石二鳥のトレーニングですよ。

ゆくゆくはヘッドボイスやミドルボイス、ミックスボイスを出したい、という人は閉鎖筋と鼻腔共鳴を鍛えてください。

裏声は、発声のすべてにつながります。鍛えるほど歌が楽しくなることに間違いありません。あなたのトレーニングメニューにも、ぜひ取り入れてください。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください