アカペラライブでひと際目立つ衣装を考えるための9つのヒント

アカペラライブの衣装

あなたは、アカペラライブでどのような衣装を着てますか?

全国各地のイベントや大学内の文化祭など、アカペラライブの場はたくさんあります。屋外でフェスのように開催されるようなライブから、大人な雰囲気が漂うライブまで種類は様々。

あなたが着る衣装も、ライブの雰囲気やテーマに沿って決めたいものです。ここでは、衣装選びのヒントを紹介します。

黒いフォーマルな服装

フォーマルな服装

観客がたくさん集まるライブや夜に開催されるライブで最も見かける衣装が、黒いフォーマルな服装です。全身黒い服装を身にまとうグループからは、演奏が上手そうなオーラを感じます。

黒は収縮色であるため、見た目もしまって見えますね。また、心理的に力強さや高級感を与えるはたらきもあります。カッコいい洋楽カバーや壮大なアレンジの曲を歌うバンドにピッタリな衣装です。

スーツ

スーツ

黒いフォーマルな服装のひとつにスーツがあります。男性だけで構成された野郎バンドに多く見られる衣装ですね。カチッとした印象を与えるだけでなく、統一感もあります。学生や社会人であれば一着は持っているはずなので、手軽にそろえることができますね。

欠点としては、没個性になりやすいこと。スーツでそろえるバンドは少なくないので、被りやすいです。解決策は差し色を入れる、小物を加えるなど。

差し色を入れる

差し色

差し色とは、ファッションコーディネートで使われるテクニックのひとつです。全体をまとめるベースカラーに同系色ではない色を加えることで、ベースカラーと差し色それぞれを引き立てるはたらきがあります。

一般的には淡い色に濃い色を加えますが、逆の使い方でも問題ありません。トップスやボトムス、小物に差し色を加えて衣装にコントラストを生み出しましょう。また、ひとりだけ同系色ではない色の衣装を着ることもオススメ。僕はリードの衣装を差し色として扱うことが好きです。

テーマカラーを決める

テーマカラー

衣装に統一感を与えるコツは、テーマカラーを一色決めることです。カバーする楽曲やアレンジ、歌うステージに合わせて色を考えるとよいでしょう。また、バンドの色を決めておくと個性が生まれて観客の記憶にも残りやすいですね。

テーマカラーを決めるときは、わかりやすい色を選ぶようにしましょう。パッとしない色を選んでも、統一感が生まれません。原色や白、黒といったハッキリした色がオススメです。

ジーンズ+Tシャツ

ジーンズとTシャツ

清涼感あふれる衣装のひとつがジーンズにTシャツです。気温が高くなる夏に最適な衣装ですね。カジュアルな印象を与えるので、明るく楽しいポップスをカバーするバンドにオススメ。僕は、ジーンズに合わせるとしたら断然白いTシャツです。一目見ただけで夏を感じさせる衣装ではないでしょうか。使い勝手もよいので、様々なライブで着ることができます。

サロペット・オーバーオール

オーバーオール

オーバーオールは、僕が好きという理由だけで取り上げました。なかなか見ない衣装なので流行ってほしい一心です。オーバーオールは、Tシャツとの組み合わせが最適ですね。先ほど紹介したジーンズの代わりに着るのもオススメです。こちらもカジュアルな印象を与える衣装なので、どんなライブでも使えます。

戦隊モノのようなカラフルな衣装

カラフルな衣装

赤、青、黄、緑、ピンクなどバンドのメンバーがそれぞれひとつの色を担当する衣装。さながら戦隊シリーズに出で立ちです。Tシャツの色をカラフルにするのが一般的ですね。この場合、ボトムスは統一するとよいでしょう。合わせるときは、Tシャツの色を引き立てるような色を選びましょう。ボトムスもカラフルだと、主張が激しすぎるので注意しましょう。

オリジナルTシャツ

オリジナルTシャツをデザイン

中には、サークルやバンドでデザインした衣装もあります。自分たちでオリジナルの衣装を作れば、他のバンドと絶対に被りませんね。衣装でも差別化を図りたい、バンドの個性を表現したい、という人にオススメです。今ではネットで手軽に注文できるので、面倒なやり取りも必要ありません。Tシャツのほかポロシャツやパーカーなどもデザインできます。季節やライブに合わせて持っておくのもよいですね。

小物をそろえる

小物をそろえる

衣装の中には、帽子や眼鏡、ネクタイなどの小物もあります。小物を一点加えるだけで、一気にオシャレになります。差し色として小物を加えるのもひとつの手ですね。手軽に差別化を図りたいバンドにとっては重宝するはず。衣装なので、普段は身につけない小物に挑戦してもおもしろいでしょう。僕はネクタイや蝶ネクタイ、スカーフなどを使ってました。

まとめ

ここでは、アカペラライブのための衣装を紹介しました。

Point

  • 黒いフォーマルな服装
  • スーツ
  • 差し色を入れる
  • テーマカラーを決める
  • ジーンズ+Tシャツ
  • オーバーオール
  • 戦隊モノのようなカラフルな衣装
  • オリジナルTシャツ
  • 小物をそろえる

衣装はバンドの個性を表現する方法のひとつです。インパクトのある衣装を着るだけで、お客さんの記憶に残ります。一方、単に派手な衣装を着ればよい、というわけではありません。バンドの雰囲気や披露するライブを想定して衣装を考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください