圧倒的一体感でコーラス(アカペラ)を歌うために必須な7つの条件

a cappella chorus tips

コーラスをしているあなたは、自身の実力に伸び悩みを感じていませんか?

コーラスを一年も続けていれば、要領をつかめるはずです。個人練習もサボらずしているのに、なぜか一体感が出ない。

そんなお悩みを解決するために、コーラスの実力がメキメキ上達する秘訣を紹介します。僕たちもアカペラをするときは、常に心掛けていることです。ぜひ参考にしてください。

縦を合わせる

a cappella chorus tips

コーラスの一体感がない一番の原因は、縦が合ってないことです。縦とは歌うタイミングやリズムのことを指します。音程が合っているも縦が合っていなければ、各パートがバラバラに聴こえます。

縦を合わせるには、テンポやリズムを意識した練習が必要です。はじめはコーラスだけで合わせる。慣れてきたら、リードやベース、ボイスパーカッションを足していきましょう。

リズムの感じ方は、個人差があります。結果、縦がズレることにつながります。縦ゆれか横ゆれか、表拍か裏拍かなどお互いの取り方をよく観察してください。

歌い終わりを合わせる

二拍しか伸ばさないのに、ひとりだけ長く伸ばすと締まりがありません。曲をロングトーンでしめる場合、音を切るタイミングがバラバラではカッコがつきません。

縦と同じく、歌い終わりを合わせることも一体感を出すために必要なことです。歌い終わりを合わせるには、お互いに示し合わせるとよいでしょう。アイコンタクトなどが効果的です。

ボイスパーカッションを聴く

listening to beatbox

縦や歌い終わりを合わせるには、リズムの基準を決めるとよいでしょう。曲のリズムを担うのは、ボイスパーカッションです。演奏中は、ボイスパーカッションのリズムに注意を払わなければなりません。

コーラス同士の演奏は聴けても、ボイスパーカッションを聴いていなければ一体感が生まれません。コーラスとボイスパーカッションがそろっていないことは、よくあります。

演奏中は、ボイスパーカッションを意識しながら歌います。特に拍の頭は重要です。ボイスパーカッションは、リズムの基準をつくるため、そしてズレたテンポを修正するために拍の頭を意識して刻みます。ふだんの練習から拍の頭に注意する癖をつけておけば、縦をあわせることにつながります。

ライブでは、返しからボイスパーカッションが聴こえるか確認してください。音量バランスが悪いせいで、ボイスパーカッションが埋もれることもあります。ライブは一発勝負。緊張も相まって、リズムの修正が難しいです。いつも通りのパフォーマンスができるように、機材まわりは入念に確認してください。

字ハモの歌い方をそろえる

歌い方には、個性や癖があります。基準となる人に歌い方を合わせることも、一体感を出すコツのひとつです。リードとの字ハモでは、リードが基準。コーラス同士では、誰が基準になるかあらかじめ決めておきましょう。

基準になる人が、どのような特徴があるか確認します。音をまっすぐ出すのか、揺らして出すのか。一言一言ハッキリ歌うのか、ひとつのフレーズを流れるように歌うのか。注意深く聴いて、歌い方を分析しましょう。

歌い方がそろっているか、ほかのメンバーに聴いてもらいます。自分たちの耳で聴こえる音と、ほかの人が聴こえる音は違います。きっと、あなたとは異なる印象を持っているでしょう。メンバーの意見を参考に、一体感のある字ハモをつくります。

スキャット・シラブルの発音をそろえる

singing same scat

“oh”と”wow”, “tu”と”du”など発音がまぎらわしいスキャットもあります。発音も癖が出るため、全員でそろえなければなりません。

字ハモと同じく、発音の基準となる人を決めます。基準の人に寄せるように、コーラスを練習しましょう。仕上がったら、確認してもらうことを忘れないでください。

もしほかにメンバーがいないのであれば、録音で十分です。自分たちのコーラスを客観的に聴くことで、統一感があるのか確認しましょう。

声質を合わせて歌う

もともと声質が同じようなメンバーが集まっていれば問題ありませんが、たいていのグループは声質に差があります。カラオケで歌うようにコーラスをしていては、主役のリードが埋もれます。

声質をそろえるには、息の量を調整しましょう。ふだんの歌い方よりも息を多めにすると、包み込むような音色が生まれます。暖かい息を吐くイメージで歌うとよいでしょう。アップテンポな曲や壮大なアレンジを歌うときは、鋭く声を出します。先ほどとは逆に、熱い食べ物を冷ますイメージですね。

曲やアレンジによって、声質を調整しなければなりません。アレンジを活かすにはどのような声質がベストか。コーラス同士で、試行錯誤しながら声質をそろえてください。

Tips

声質がそろうイメージがわかない人は、プロの演奏を聴くことをおすすめします。声質がそろっているグループのひとつはVoicePlayです。彼らのアカペラは圧倒的な一体感があります。

The Sing Off Season 4に出場したときは、カナダの歌手と一緒でした。彼女は歌がとても上手なのですが、声質は合っていません。演奏を聴いてもわかる通り、彼女の声だけが浮いて聴こえるはずです。

逆に、声質がバラバラなのに一体感が生まれているグループもあります。みんな大好き”Pentatonix”は、声に癖があるにもかかわらず圧倒的な一体感を誇ります。化け物すぎて理解できません。

音程を高めにとる

tuning for a cappella chorus

これは僕たちの好みの話なので、参考程度に読んでください。

僕たちは、音程を高めに合わせます。ほんのちょっと、1/8音ほどでしょうか。音楽は不思議なもので、音色を奏でるだけで人の気持ちに影響を与えます。基準よりも高い音は、明るく楽しい印象を与えます。低い音は、暗くさみしい印象を与えます。

曲調やアレンジによって使い分けますが、音程を高めにとることが多いです。奏でる和音も明るく仕上がります。僕たちは、明るくキラキラした響きが好きなので、音程を高めにとるのです。

まとめ

ここでは、アカペラのコーラスが上達する秘訣を紹介しました。

Point

  1. 縦を合わせる
  2. 歌い終わりを合わせる
  3. ボイスパーカッションを聴く
  4. 字ハモの歌い方をそろえる
  5. スキャット・シラブルの発音をそろえる
  6. 声質を合わせて歌う
  7. 音程を高めにとる

一体感がない一番の原因は、縦が合っていないことです。上手なアカペラは、音程とリズムのふたつが必須です。曲のテンポに合わせて歌うだけでなく、すべてのパートが足並みをそろえて歌わなければなりません。

はじめはボイスパーカッションをリズムの基準として、練習を進めましょう。音程だけでなく、リズムも意識して歌います。練習を重ねれば、すべてのパートに耳を傾けながら歌えるはずです。結果、一体感のあるアカペラが生まれます。

一体感がないとお悩みのあなた。まずは縦を意識して練習することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください